このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

がん

更新日:2015年2月2日

日本人の死因のトップを占めているのが、がん。平成19年の日本人の死亡者数は約110万人。このうち、がんによる死亡者数は約34万人です。日本人の約3人に1人が、がんで亡くなっています。がんの発症の原因は、喫煙と食べ物に関係していると考えられています。言いかえれば、、節煙と食生活によって、かなりのがんは予防できるのです。

がんにならないためには、がんに負けない抵抗力と免疫力を養うことが決め手です。そのためにはバランスのとれた食事をとることが大切です。食べ物のなかにはがんを促進するものと、がんを抑えるものがあるので発がん物質を体内に入れないよう、心がけることが大切です。

発がんのメカニズム

 がんは、遺伝性が高いことで知られています。それでは、人間のからだを構成する約60兆の細胞のすべてに、がん細胞があるのをご存じですか?

「がん遺伝子」はふつうは眠っている状態ですが、イニシエーターと呼ばれる物質が眠っている遺伝子を揺り起こし、さらにプロモーターという発がん促進物質が加わり、がんとなるのです。

発がん物質だけではがんになりませんが、発がん物質に、タバコ、アルコール、脂肪、塩、疲労、ストレスなどのプロモーターが強く加わると、がんになる、という仕組みです。

正常な細胞のがん遺伝子が目覚めるのを抑制するには、ビタミンC、ビタミンEとカロチンが効果的。とくにベータカロテンを多く含む緑黄色野菜や昆布やわかめは、がん予防に効果があると注目されています。

イニシエーターによって遺伝子が目覚めてしまった異型細胞のがん化を防ぐには、がん化を抑える作用のあるビタミンAとカロテンをたっぷり含んだ食事をとることです。

食品添加物の中に含まれている発がん物質にも注意しましょう。そして早期発見のための定期的な健康診断を習慣づけましょう。

がん防ぐための12カ条

  1. バランスのとれた栄養をとる
    -いろどり豊かな食卓にして-
  2. 毎日、変化のある食生活を
    -ワンパターンではありませんか?-
  3. 食べすぎを避け、脂肪はひかえめに
    -おいしい物も適量に-
  4. お酒はほどほどに
    -健康的に楽しみましょう-
  5. たばこは吸わないように
    -特に、新しく吸いはじめない-
  6. 食べものから適量のビタミンと繊維質のものを多くとる
    -緑黄色野菜をたっぷりと-
  7. 塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから
    -胃や食道をいたわって-
  8. 焦げた部分はさける
    -突然変異を引き起こします-
  9. カビの生えたものに注意
    -食べる前にチェックして-
  10. 日光にあたりすぎない
    -太陽はいたずら者です-
  11. 適度にスポーツする
    -いい汗、流しましょう-
  12. からだを清潔に
    -さわやかな気分で-

生活習慣病予防のためのレシピ

お問い合わせ

市民健康部 健康づくり推進課
電話:0267-62-3196(健診)、0267-62-3527(予防)、0267-62-3189(健康相談)、0267-63-3781(口腔歯科) 、0267-62-3524(医療政策)
ファクス:0267-64-1157

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら