このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

高血圧

更新日:2015年2月2日

"血圧が高い"とは、どういう状態なのか

心臓は普通、1分間に約70回、収縮と拡張を繰り返し、動脈を通じて血液を血管に送り続けています。心臓が収縮して動脈に血液を送り出したときの血圧を最大血圧といい、心臓が拡張して動脈にかかる圧力が小さくなったときの血圧を最小血圧といいます。高血圧症は、最大血圧が140ミリメートルHg以上、最小血圧が90ミリメートルHg以上をいいます。常に、最大血圧が130ミリメートルHg未満、最小血圧が85ミリメートルHg未満を維持することが理想です。

成人における血圧値の分類
高血圧治療ガイドライン2014より(単位:ミリメートルHg)

なぜ、血圧が高いとよくないのか

血圧が高いと血管の老化、つまり動脈硬化が早く進みます。脳の血管が詰まったり(脳梗塞)、血管が破れたり(脳出血)しやすくなります。"寝たきり"のいちばんの原因は、これら脳卒中なのです。また、高血圧症が進むと、心臓の筋肉に栄養を運んでいる冠状動脈の硬化も進みやすくなり、心筋梗塞を起こしやすくなります。血圧値が高いほど、これら循環器疾患で死亡する確率も高くなっていきます。

高血圧を予防するための生活改善4本柱

高血圧症は生活習慣の改善によって、ほとんど予防と治療が可能な病気です。なかでも以下を4本柱として、一人ひとりが生活の改善に努めましょう。

1 肥満の予防と解消を

減量すると血圧が低下します。

2 節酒を守ろう

アルコールは血圧を慢性的に上げます。

3 減塩をし、カリウム摂取に努めよう

料理はうす味に。血圧の低下作用を持っているカリウムを、多くとりましょう。

4 運動しよう

ニコニコペースで早歩きをしましょう。1日1万歩を目標に。

栄養バランスの取れた食事を

  • 野菜や果物は毎日
    野菜や果物には、血圧を下げる作用があるといわれるカリウムが豊富。野菜は毎食、果物は毎日1個とるようにしましょう。
  • 牛乳は1日1杯
    カルシウムやマグネシウムにも血圧を下げる作用があり、その両方を含む牛乳を、1日にコップ1杯~1杯半を。
  • 肉より魚がおすすめ
    飽和脂肪酸やコレステロールは動脈硬化を進めるため、肉より魚がおすすめです。油を使った料理は1日2品までとし、脂肪のとりすぎに注意しましょう。

生活習慣病予防のためのレシピ

お問い合わせ

市民健康部 健康づくり推進課
電話:0267-62-3196(健診)、0267-62-3527(予防)、0267-62-3189(健康相談)、0267-63-3781(口腔歯科) 、0267-62-3524(医療政策)
ファクス:0267-64-1157

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら