このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

痛風

更新日:2015年2月2日

痛風とは、"悪魔がかみついた"ような痛み

痛風は、足の親指の関節が腫れて、ひどく痛む病気として知られています。足の甲、足首、アキレス腱の付け根などにも起こりますが、西洋では"悪魔がかみついた"ような痛みといわれています。この関節炎を痛風発作といい、普通、一カ所だけ痛むのが特徴です。

しかし、痛風は、体の中に"尿酸"という物質が異常にたまる、からだ全体の病気なのです。尿酸が体内に異常にたまったまま治療せず放置しておくと内臓、特に腎臓の機能も次第にむしばまれます。

また、尿路結石ができやすく、高血圧、高脂血症や肥満の合併も多く、心筋梗塞、脳血管障害などの成人病を起こしやすいといわれます。

痛風の原因は、血液中の尿酸値が高い「高尿酸血症」です。

尿酸はからだのなかのエネルギーの燃えかすであり、すべての人の体内でつくられる物質です。また食物中のプリン体という物質からもつくられます。できた尿酸は、腎臓から尿の中に捨てられます。尿酸は体内では血液に溶けているので、血液中の濃度(血清尿酸値)が体内の尿酸量の指標になります。血清尿酸値がだいたい7.0ミリグラム/dlを超えると尿酸は血液に溶けにくくなり、「高尿酸血症」と呼ばれます。つまり「高尿酸血症」が結晶になって痛風になりやすい状態なのです。

なお女性の血清尿酸値は男性より低い傾向にあり、閉経後には少し高くなります。従って、女性は高尿酸血症になりにくく、女性の痛風患者は少ないのです。

高尿酸血症はいくつもの要因が重なって起こります。

肥満、飲みすぎ、食べすぎ、運動不足、ストレス、腎臓から尿酸を排泄させる力が体質的に弱いなどの要因が重なると高尿酸血症になります。プリン体を含む食事を多くとることは原因の一部でしかありません。

痛風を予防するための5つのポイント

  1. 肥満を解消する
    肥満のある場合、体重の減少は血清尿酸値を低下させます。腹8分目を実行してください。従来、肉食は痛風の敵であるかのようにいわれてきました。確かに肉の中には尿酸の原因となるプリン体が多く含まれていますが、少量ならかまいません。要は質の問題ではなく、量の問題なのです。肉食を避けるより、適正カロリーを守りましょう。
  2. アルコールをひかえる-とくにビール
    どんな種類のアルコールも血清尿酸値を上げます。中でもビールは多くのプリン体を含んでおり、尿酸値を上げます。アルコール飲料は、特にビールはできるだけ制限しましょう。
  3. 水を十分に飲む
    尿酸は、腎臓から尿の中に捨てられますから、水分を十分とって尿の量を多くすれば尿酸もたくさん尿中に出ていきます。お茶、水などを十分にとって、尿量を多くしましょう。
  4. 軽い運動をする
    1日20分間の早歩き、軽いジョギングなどの楽な運動は、有酸素運動であり尿酸値をあげません。ただし、運動不足の人がいきなり能力以上の激しい運動をすると、無酸素運動となって、体内に酸素が不足して血清尿酸値が一時的に上がりますから要注意です。
  5. 精神的ストレスを発散させる
    痛風の人は、積極的、行動的ですが、反面、攻撃的で協調性に欠けるといわれます。精神的ストレスは血清尿酸値を上げるので、ストレスを適宜発散するよう工夫しましょう。

生活習慣病予防のためのレシピ

お問い合わせ

市民健康部 健康づくり推進課
電話:0267-62-3196(健診)、0267-62-3527(予防)、0267-62-3189(健康相談)、0267-63-3781(口腔歯科) 、0267-62-3524(医療政策)
ファクス:0267-64-1157

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら