このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

鳥インフルエンザの対応について

更新日:2015年2月2日

(平成23年2月4日 PM5時30分)情報

県内で回収されたコガモの死亡個体については、鳥取大学で遺伝子検査を行った結果、鳥インフルエンザウイルスは陰性と確定されました。
なお、引き続き、野鳥の死骸を発見した場合は、素手で触ったり、むやみに近づかないようにし、佐久地方事務所(電話:63-3111)へご連絡をお願いたします。

(平成23年1月31日 AM8時30分)情報

1月28日、長野県高病原性鳥インフルエンザ対策本部が設置されました。
市民の皆様には、以下の点にご留意ください。

  • 鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃厚な接触等特殊な場合を除いて、通常では人に感染しないと考えられています。日常において、鳥の排泄物等に触れた後には「手洗い」と「うがい」をしていただき、過度に心配する必要はないことをご理解ください。
  • 鶏肉や卵を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染することは世界的にも報告されていませんので、冷静な行動をお願いします。
  • 鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域に運ばれる恐れがありますので、養鶏施設や野鳥に近づきすぎないように注意して下さい。
  • 昨年秋以降、高病原性鳥インフルエンザウイルスが全国各地で確認されています。万一、死亡した野鳥を見つけた場合は、素手で触らず、佐久地方事務所(電話:63-3111)へご連絡ください。

(平成23年1月28日 AM12時)情報

 全国各地で、鳥インフルエンザの感染が確認されていますが、鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃厚な接触等特殊な場合を除いては、通常では人に感染しないと考えられています。
 日常においては、鳥の排泄物等に触れた後には、手洗いと、うがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。
 万一、野鳥の死骸を発見した場合は、素手で触らず、佐久地方事務所(電話:63-3111)までご連絡ください。
 飼育しているニワトリなどに、異常などがありましたら、佐久家畜保健衛生所(電話:62-4123)までご連絡をお願いします。
 また、鶏肉や卵を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染することは世界的にも報告されていませんので、安心して食べてください。

(参考)

長野県ホームページ 高病原性鳥インフルエンザ に関する情報

お問い合わせ

経済部 農政課
電話:0267-62-3203
ファクス:0267-62-2269

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから

鳥インフルエンザ情報

  • 鳥インフルエンザの対応について

施設案内

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら