このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

医療費を全額自己負担したとき

更新日:2015年2月2日

下記の場合には、いったん医療費の全額を負担していただいた後、自己負担を除いた分があとから療養費として支給されます。

どんなとき? 申請に必要な書類等
医師が必要と認めた治療用装具(コルセットなど)を購入したとき 被保険者証、領収書、印鑑、通帳、医師の診断書
医師が必要と認めたはり、灸、あんま・マッサージなどを受けたとき 被保険者証、領収書、印鑑、通帳、医師の診断書
やむを得ない理由で被保険者証を提示せずに受診したとき 被保険者証、領収書、印鑑、通帳、病院が発行する診療報酬明細書等
保険診療を扱っていない柔道整復師の施術を受けたとき 被保険者証、領収書、印鑑、通帳、施術明細書
海外渡航中に治療を受けたとき(診療目的の渡航は除く。) 被保険者証、印鑑、通帳、海外の病院が発行する診療内容明細書等(日本語の翻訳文を添付)

お問い合わせ

市民健康部 国保医療課
電話:0267-62-3164
ファクス:0267-64-1157

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら