このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

国民健康保険の届出

更新日:2015年2月2日

保険の資格に変更があったときには、変更のあった日から14日以内に届出をしてください。

国保に入るとき

このような場合 届出に必要なもの
退職などで職場の健康保険をやめたとき
  • 社会保険資格喪失証明書
  • 印鑑
  • 年金証書(65歳未満の年金受給者の方)
社会保険の扶養家族をはずれたとき
  • 社会保険資格喪失証明書
  • 印鑑
  • 年金証書(65歳未満の年金受給者の方)
転入してきたとき
  • 転出証明書
  • 印鑑 年金手帳
  • 年金証書(65歳未満の年金受給者の方)

国保を外れるとき

このような場合 届出に必要なもの
職場の健康保険に加入したとき
  • 国民健康保険証
  • 職場の健康保険証
  • 印鑑
転出するとき
  • 国民健康保険証
  • 印鑑

その他

このような場合 届出に必要なもの
保険証をなくしたとき
  • 本人確認できるもの(運転免許証・国保税納税通知書等)
  • 印鑑
就学のため、別に住所を定めるとき
  • 在学証明書(または学生証)
  • 印鑑
  • 国民健康保険証

加入・喪失の手続きをされた人はかかりつけの医療機関へも手続きを

加入された人へ

加入日以降に医療機関で診察を受ける場合には、新しい保険証を提示し、確認を受けてください。また、加入日から今日までに診察券(通院券)で診察を受けていた人は、至急医療機関へ連絡し、確認を受けてください。

前の診察券でそのまま診療を受けますと、前の保険を使ったことになり、保険者が負担した医療費が、後日請求されますのでお支払ください。

この場合、佐久市の窓口で療養費の支給手続きをしていただくと、医療費の7割、義務教育就学前の子は8割、高齢受給者は7割、8割又は9割を佐久市の国民健康保険からお支払いします。

喪失された人は

喪失日以降に医療機関で診療を受ける場合には、新しい保険証を提示し、確認を受けてください。また、喪失日から今日までに診察券(通院券)で診察を受けていた人は、至急医療機関へ連絡し、確認を受けてください。

転出される人は、届け出た転出予定の翌日で佐久市の国民健康保険の資格も喪失します。転出日を変更する場合は、変更届が必要です。また、転出先市区町村で国民健康保険加入の手続きもしてください。

佐久市の保険証は、喪失日以降は使用することができませんので、必ず転出届の際に返納するか、下記へ返送してください。

〒385-8501 佐久市中込3056 佐久市役所国保医療課国保係 へ

喪失日以降に佐久市の保険証を使用した場合は、佐久市が医療機関に支払った7割、義務教育就学前の子は8割、高齢受給者は7割、8割又は9割の医療費を負担していただくことになります。納付書が送付された場合はお支払いください。

お問い合わせ

市民健康部 国保医療課
電話:0267-62-3164
ファクス:0267-64-1157

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら