このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

国民年金について

更新日:2015年2月2日

国民年金のしくみ

国民年金制度は、昭和36年から始まりました。その後年金法改正により、昭和61年から国民年金がすべての公的年金の基礎となるようになりました。自営業者・学生等は国民年金に直接加入し保険料を納付することになります。このことにより、国民すべてが65歳から基礎年金(国民年金)が受給できることになりました。

3つの加入のしかたによって あなたも国民年金に加入します

20歳から60歳まで40年間、だれもが国民年金に加入します。この間、私達のライフステージは、成人、就職や退職、自営、結婚などさまざまな節目があります。3種類ある国民年金の加入のしかたも、その節目によって変わり、被保険者の種別変更の手続きが必要となります。

  • 第1号被保険者(自営業者の人とその配偶者、20歳以上の学生、フリーターなど)
  • 第2号被保険者(厚生年金・共済組合の加入者)
  • 第3号被保険者(第2号被保険者に扶養されている配偶者)

お問い合わせ

市民健康部 国保医療課
電話:0267-62-3164
ファクス:0267-64-1157

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら