このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

産前産後期間の国民年金保険料免除制度が始まりました!

更新日:2019年4月11日

2019年4月1日から「国民年金第1号被保険者」が出産した際には、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除されます。
免除が認められた期間については、将来被保険者の年金額を計算する際に保険料を納めた期間として扱われます。

国民年金保険料が免除される期間

出産予定日または、出産日が属する月の前月から4か月間について国民年金保険料が免除されます。
なお、多胎妊娠の場合は出産予定日または、出産日が属する月の3か月前から6か月間について免除されます。

(注)出産とは妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産された方も含みます。)

対象となる方

国民年金の第1号被保険者で出産日が2019年2月1日以降の方

2019年2月・3月・4月に出産日がある方

出産月

保険料免除月
2019年2月 2019年4月分
2019年3月 2019年4月、5月分
2019年4月 2019年4月、5月、6月分

施行日が2019年4月1日のため、4月分以降の国民年金保険料が免除対象となります。

申請について

必要書類を整え、市役所の年金担当窓口へ提出してください。

届出時期

出産予定日の6か月前から届出が可能になります。

必要書類

  • 免除申請書(年金事務所または、市役所国保医療課窓口に備え付けてあります。)
  • 出産前に申請の場合、出産予定日がわかる書類(母子手帳など)
  • 多胎の場合、多胎とわかる書類(母子手帳など)
  • 印鑑

(注)出生の届け出後に申請される方は、特に出産日がわかる書類は必要ありませんが、被保険者と子が別世帯の場合は、出産日及び親子関係を明らかにする書類が必要です。(出生証明書等)

よくあるご質問

よくあるご質問についてはこちらをご参照ください。

厚生労働省より引用

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市民健康部 国保医療課
電話:0267-62-3164
ファクス:0267-64-1157

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら