このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

こんな時は市役所で年金の手続が必要です

更新日:2015年2月2日

20歳になったら国民年金

国民年金は、20歳以上60歳未満のすべての人が加入し、国民年金保険料を納付しなければならない年金制度です。
国民年金の加入手続が必要な人は、学生、自営業の人、勤め先で厚生年金や共済組合に加入していない人又は厚生年金や共済組合の年金制度に加入している人の健康保険の扶養になっていない配偶者です。

会社などに就職したら

国民年金に加入していた人が、会社などに就職し厚生年金などの被保険者になったとき、厚生年金に加入することにより国民年金の資格を喪失します。

会社などを退職したら

会社などを退職した場合、20歳以上60歳未満の人は、厚生年金や共済組合の加入資格を失いますので、国民年金に加入する手続が必要になります。
年金手帳、印鑑及び退職した日が確認できる書類をお持ちのうえ、手続をしてください。扶養になっている配偶者についても手続きが必要ですので、配偶者の年金手帳も持参してください。

サラリーマンの配偶者の手続き

結婚、退職などによって、厚生年金又は共済組合に加入している夫(又は妻)の健康保険の扶養になったときは、国民年金の第3号被保険者として、国民年金に加入することになります。手続きは、配偶者の会社等で健康保険の扶養の手続きと同時に行ないます。

海外転出の場合は

国民年金に加入し、保険料を納付している人が、海外に住むようになり、市民課等に転出届を出されたときは、転出日で、国民年金の資格はなくなります。
海外に転出している期間は、年金を受けるために必要な資格期間となりますが、年金額には反映されません。
海外転出中も加入する場合は手続きが必要ですのでお問い合わせください。

年金加入者が死亡したら

国民年金に加入し、3年以上保険料を納められた人で国民年金を請求しないまま亡くなられたときは、遺族に死亡一時金が支給されます。
また、18歳前の子どもや20歳前の障害を持つ子どものいる妻には、遺族基礎年金が支給されます。遺族年金が支給されない妻には寡婦年金が60歳から支給されることがあります。
ただし、加入期間や年金を納めなかった期間などによって制限がありますので、お問い合わせください。

なお、厚生年金又は共済組合に加入していた人が亡くなられたときも、遺族年金が支給されますので、年金事務所やそれぞれの共済組合にお問い合わせください。

転出・転入された人

国民年金の資格を持った人の転入・転出は、手続きが必要ですのでお問い合わせください。

年金受給者が死亡したら

国民年金を受けていた人が亡くなられたときは、遺族の方が死亡の届出をしてください。
手続には、亡くなられた人の年金証書、住民票又は戸籍謄本、届出人の印鑑をお持ちください。
また、亡くなられた人と生計が同じで、一番近い親族の人は、未支給の年金が請求できますので、除票(亡くなられた人)の住民票と、請求者の印鑑、住民票、戸籍謄本、預金通帳をお持ちの上、届出をしてください。

ただし、請求者によって添付書類が異なりますので、詳しいことは、お問い合わせください。なお、厚生年金、共済組合への死亡の届出は、年金事務所やそれぞれの共済組合で手続をお願いします。

年金受給者の転出転入について

年金受給者の転入・転出・転居については、届出が必要です。
転出される人は、転入先の市区町村にて転入の際に変更届を行ってください。

お問い合わせ

市民健康部 国保医療課
電話:0267-62-3164
ファクス:0267-64-1157

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら