このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

猫に不妊・去勢手術をされた方に補助金を交付します!

更新日:2015年4月1日

平成27年度から飼い主のいない猫(野良猫)に対する不妊・去勢手術についても補助金交付を始めました

飼い主のいない猫とは…?地域猫活動とは…?

飼い主のいない猫については、ふん尿やいたずらなどの被害があっても、対策がありませんでした。
また、かわいそうだからと餌を与えるだけの人もいます。

飼い猫であれば飼い主に苦情を言うこともできますが、相手が「飼い主のいない猫」では不満の持って行き場がなく、結局被害を受けている方は猫を憎むようになってしまいます。

そこで、「飼い主のいない猫」を不要なものとして排除するのではなく、地域の問題として解決していこうという「地域猫活動」が広がり始めています。

  • 猫も命あるものだという考え方で、
  • その地域にお住まいの皆さんの合意のもとに、
  • 地域で猫を適正に管理しながら共生していく、

という活動です。

市では、今後「地域猫活動」を推進していくにあたって、飼い主のいない猫の不妊・去勢手術に対する費用に補助金を交付し、その活動を後押ししていきます。
外猫の寿命は4年程度といわれていますから、このような管理がうまく続けば、「飼い主のいない猫」の数は減少していくものと考えられます。

※市民の皆さんや動物愛護団体等のボランティアの方々には、積極的に補助金を活用してもらい、共に飼い主のいない猫の問題を解決していきましよう。

飼い猫の補助金交付申請

飼い猫
対象 市内在住市税等の滞納がない方で、平成27年4月1日以降に市内の動物病院で不妊・去勢手術を受けさせた方

補助金額

不妊手術(メス)5,000円
去勢手術(オス)3,000円
手術後の申請となります。
※頭数制限、年齢制限はなくなりました。
※予算の範囲内で補助をしますので、手術前に予算の執行状況をご確認ください。

申請に必要なもの

申請書
同意書
手術を証明する領収書
※申請書に獣医師の証明欄がございますので、手術を行った獣医師の証明を書いてもらってください。

複数匹同時に申請する場合でも、一匹につき1枚の【飼い猫用】申請書(兼請求書)が必要となりますので、ご注意ください。

飼い主のいない猫(野良猫)の補助金交付申請

飼い主のいない猫(野良猫)
対象 市内に居住する個人又は市内で活動する団体で、平成27年4月1日以降に市内の動物病院で不妊・去勢手術を受けさせた方
補助金額

不妊手術(メス)5,000円
去勢手術(オス)3,000円
手術後の申請となります。
※予算の範囲内で補助をしますので、手術前に予算の執行状況をご確認ください。

申請に必要なもの

申請書
手術を証明する領収書
※申請書に獣医師の証明欄がございますので、手術を行った獣医師の証明を書いてもらってください。

複数匹同時に申請する場合でも、一匹につき1枚の【飼い主のいない猫用】申請書(兼請求書)が必要となりますので、ご注意ください。

※飼い主のいない猫(野良猫)に不妊・去勢手術を受けさせた方は、以下の事項を遵守してください(佐久市猫繁殖制限手術費補助金交付要綱第7条参照)。

  • 繁殖制限手術後の飼い主のいない猫のうち、譲渡可能なものについては終生屋内飼養をする者へ譲渡するよう努めること
  • 繁殖制限手術後の飼い主のいない猫を当該手術前の生息場所に戻す場合は、トイレの設置、餌の適正な管理等周辺環境の美化を図るとともに近隣住民の理解を得るよう努めること
  • 繁殖制限手術後の飼い主のいない猫が、当該手術済みであることを識別できるよう耳カット等の措置を講ずること

要綱・申請書等ダウンロード

要綱、申請書等は、以下よりダウンロードできますので、ご利用ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境部 環境政策課
電話:0267-62-2917
ファクス:0267-62-2289

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら