このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

汚水量の控除認定(子メーター設置)について

更新日:2017年9月1日

下水道使用料は、上水道の使用水量を下水道への排除水量として算定しています。
上水道メーター(親メーター)で計測した水量のうち、下水道へ排除されない水がある場合は、その水量を測る子メーターを設置し、その分を差し引くことで、下水道使用料を減額できる場合があります。
(子メーター設置工事費一式及び管理費用は使用者負担となるため、水道使用量と排除する汚水量の差が少ない場合、費用対効果が期待できない場合もあります。)

設置工事は、使用者(排水設備設置義務者)が直接、佐久水道企業団指定給水装置工事事業者に依頼し、その費用(設置工事費や子メーター代等、工事にかかる一式の費用)は使用者が負担します。
子メーターは、使用者の管理となるため、計量法に基づき8年ごとにお取り替えをお願いします。
子メーターを設置される方は、佐久水道企業団指定給水装置工事事業者に依頼後、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「汚水または生活排水の汚水量認定申告書(様式第13号)」(Word:16KB)により下水道課へ申告を行ってください。

お問い合わせ

環境部 下水道課
電話:0267-63-0101
ファクス:0267-63-2843

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら