このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

人権週間

更新日:2016年11月30日

毎年12月4日から12月10日までの1週間は、「人権週間」です

「世界人権宣言」は、基本的人権及び自由を尊重し確保するために、世界のすべての人々とすべての国々とが達成すべき共通の基準として、昭和23年(1948年)12月10日の第3回国際連合総会において採択されました。
国際連合は、世界人権宣言の採択を記念して、採択日の12月10日を「人権デー(HumanRightsDay)」と定め、加盟各国に対し、人権擁護活動を推進するための各種行事を実施するよう要請しています。
法務省及び全国人権擁護委員連合会は、関係機関等の協力を得て、「人権デー」を最終日とする1週間を「人権週間」と定め、世界人権宣言の意義を訴えるとともに人権尊重思想の普及高揚に努めてきました。

平成28年度各種啓発活動の取り組み

名称

第68回人権週間

期間

平成28年12月4日(金曜)から同月10日(木曜)までの1週間
主催 法務省、全国人権擁護委員連合会
後援(予定) 内閣府、警察庁、総務省、全国知事会、全国市長会など多数
活動内容
  • マスメディアを活用した啓発

(テレビ・ラジオ等による報道、新聞・雑誌等への広告等の掲載)

  • 屋外、公共施設、交通広告媒体による啓発

(屋外掲示板、公共施設の掲示板、交通機関等を利用した啓発)

  • インターネットによる啓発

(各啓発主体のホームページ等を利用した啓発)

  • その他の啓発推進媒体による啓発

(広報誌・リーフレット・パンフレット等を利用した啓発)

  • その他人権週間にふさわしい行事

(講演会、シンポジウム、映画会、パネルの展示等の行事の開催)

重点目標

みんなで築こう 人権の世紀
「考えよう相手の気持ち 育てよう 思いやりの心」

具体的目標
  • 女性の人権を守ろう
  • 子どもの人権を守ろう
  • 高齢者を大切にする心を育てよう
  • 障害のある人の自立と社会参加を進めよう
  • 同和問題に関する偏見や差別をなくそう
  • アイヌの人々に対する理解を深めよう
  • 外国人の人権を尊重しよう
  • HIV感染者やハンセン病患者等に対する偏見や差別をなくそう
  • 刑を終えて出所した人に対する偏見や差別をなくそう
  • 犯罪被害者とその家族の人権に配慮しよう
  • インターネットを悪用した人権侵害をなくそう
  • 北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めよう
  • ホームレスに対する偏見や差別をなくそう
  • 性的指向を理由とする偏見や差別をなくそう
  • 性同一性障害を理由とする偏見や差別をなくそう
  • 人身取引をなくそう
  • 東日本大震災に起因する偏見や差別をなくそう

佐久市における取り組み(平成28年度)

特設人権相談所の開設

長野地方法務局佐久支局及び佐久人権擁護委員と連携し、特設人権相談所を開設します。
相談内容は、いじめ・体罰など子どもに関する問題、セクハラ・性差別など女性に関する問題、同和問題、高齢者・障がいのある方に関する問題のほか、夫婦・親子など家庭に関する悩みごとなど、日頃のお困りごとについて相談を受けていますので、お気軽にご相談ください。相談は無料で、秘密は厳守します。

年月日 時間 場所
平成28年12月5日(月曜) 午前10時から午後3時まで

野沢会館

平成28年12月5日(月曜)

午前10時から午後3時まで

佐久市中央隣保館

平成28年12月5日(月曜)

午前10時から午後3時まで

望月人権文化センター

啓発活動の実施

下記の日程で啓発活動を行います。お気軽に声をかけてください。

啓発日 啓発場所 内容

平成28年12月1日(木曜)から
平成27年12月12日(金曜)正午まで

イオンモール佐久平店 「人権の花」運動パネル展

お問い合わせ

市民健康部 人権同和課
電話:0267-62-3135
ファクス:0267-64-1157

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら