このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

「木造住宅耐震診断事業(無料)」について

更新日:2017年6月1日

佐久市では、「木造住宅耐震診断事業」により、「耐震診断(無料)」を実施しています。

あなたの家は地震がきても大丈夫?

ここ数年の間、大きな地震が各地で発生し、甚大な被害をもたらしています。佐久地域でも、いつ大きな地震が発生するか分かりません。住宅をお持ちのみなさんは、住宅の耐震化や防災対策を自らの問題としてとらえ、今後の地震対策をしましょう。

平成28年4月より、さらなる住宅の耐震化を促進するため、市内にある祖父母や親等の住宅についても耐震診断を申し込めるように制度を見直しました。ご家族の住宅の今後の活用方法について考えるきっかけとしてみませんか!?

平成29年6月より、昭和56年5月31日以前に建てられた住宅で、昭和56年6月1日から平成17年5月31日の間に増築または部分改築した住宅も一部対象となるようになりました。
例)トイレの水洗化に伴い、トイレやお風呂を増築した場合
例)家族が増えて、1部屋増築した場合、等

  • 対象となる住宅

昭和56年5月31日以前に建てられた(工事着手された)木造在来工法による一戸建ての住宅
(注1、店舗併用住宅の場合、店舗の部分の床面積が延べ床面積の2分の1未満であれば対象になります。)
(注2、昭和56年6月から平成17年5月31日の間に増築又は、一部改築を行っている場合、当該部分の床面積が延べ床面積の2分の1未満であれば対象となります。)

建築時期を確認いたしますので、建築確認済通知書・固定資産税課税台帳登録証明書・登記事項証明書などをご準備ください。

  • 申請できる者

住宅の所有者・居住者・所有者の2親等内の親族(祖父母・父母・兄弟姉妹・子・孫等)

  • 耐震診断の申し込み方法

耐震診断を希望される方は、別紙「耐震診断申請書」に記入の上、佐久市役所南棟建築住宅課(旧佐久消防署)へお申し込みください。
お申し込みの際、建築時期を確認いたしますので、建築確認済通知書・固定資産税課税台帳登録証明書・登記事項証明書などをお持ちください。
また、所有者の2親等内の親族の方が申請される場合、その間柄が証明できる書類(戸籍抄本など)を確認させていただきます。
なお、予算の上限に達した時点で受付は終了となりますので、お早目の申請をお願いします。
(注、年度毎の受付となりますので、遅くても1月中に申し込みください。)

  • 耐震診断の流れ

診断の実施については、お申し込み後、建築住宅課より送付される「耐震診断士派遣可否決定通知書」に記載された耐震診断士と直接打合わせの上、現地調査の日程を調整していただきます。診断は、住宅内部や天井裏、床下の調査も必要になりますので、調査の当日は立会いをお願いいたします。
なお、耐震診断では耐震性の有無の他、補強計画案(補強にかかる概算工事費の提示を含む。)も提示させていただきます。
診断結果が出るまで、診断実施後1ヶ月程度要します。
結果につきましては、市の担当者と耐震診断士により説明させていただきます。

  • 耐震診断士について

市が派遣する耐震診断士は「長野県木造住宅耐震診断士」に登録された方です。営業行為等はいたしません。

耐震改修工事への補助金

  • 耐震診断の結果、耐震性がないと判断された場合で、耐震改修工事等を行う場合は費用の一部を市が補助します。

耐震事業について、不明な点等ありましたらお気軽にご連絡ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

建設部 建築住宅課
電話:0267-62-3430
ファクス:0267-63-7750

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら