このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

太陽光発電施設設置に関する規制について

更新日:2015年2月2日

 面積が500平方メートル以上の太陽光発電施設を設置する場合は、「自然環境保全条例に基づく許可申請」あるいは「開発指導要綱に基づく事前協議」が必要となります。

 佐久市では、年間の日照時間が全国トップレベルという地域特性を活かし太陽光発電施設の普及・促進を図っています。
 一方で、太陽光発電施設の設置に伴い自然災害の発生等による市民生活への影響が懸念されるため、佐久市自然環境保全条例施行規則 及び 許可・指導基準 並びに 佐久市開発指導要綱 を一部改正し、土地の地目全般にわたる行為についての規制指導を行うことで、良好な自然環境の保護と災害の防止を図り、快適で安全な市民生活の確保に努めるものです。
 なお、土地に自立して設置する太陽光発電施設が規制の対象となります(屋根に設置するものは対象にはなりません。)

主な改正点

自然環境保全条例関係(対象地域:土地の地目が山林または原野)

施行規則の改正

 太陽光発電施設を設置する面積が500平方メートルを超える場合については許可申請が必要となります

許可・指導基準の改正

 許可申請に先立ち地元区等への事前の説明会等の実施が必要となります
 地元区等との協議及び協議経過書を許可申請書に添付することが必要となります
 (許可申請の受付は、説明会等を実施後、「説明会等実施報告書」を市に提出してから、周知のため2週間経過後とします)

※「自然環境保全条例施行規則」及び「許可・指導基準」の改正点(朱書き部分)は平成26年2月1日以降の対象となる行為に適用されます。

開発指導要綱(対象地域:自然環境保全条例の対象地域以外)

要綱の改正

 太陽光発電施設を設置する土地の面積が1000平方メートル以上(土地の形質変更を伴う場合)の場合は、事前協議書による市への協議が必要となります

 今回の改正によりまして、土地に自立し設置する太陽光発電施設は、土地の地目に応じて、「自然環境保全条例の許可申請」あるいは「開発指導要綱の事前協議」を行っていただくこととなります。

 市といたしましては、引続き市民の皆様が安心して生活を送れるよう必要な対応を行ってまいります。

 なお、今回の改正は、適正な開発を求めるものでありまして、地域の恵まれた太陽のエネルギーを利用した太陽光発電の設置を阻害するものではありません。
 詳しくは、下記までお問い合わせください。

【問合せ先】

 建設部
 公園緑地課(自然環境保全条例 電話:62-3424)
 都市計画課(開発指導要綱 電話:62-3404)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

建設部 公園緑地課
電話:0267-62-3424
ファクス:0267-63-7750

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら