このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年度緑の環境調査(ツバメの子育て調査)結果をご報告します!

更新日:2016年3月30日

〇調査目的

 平成4年度から実施しております佐久市緑の環境調査ですが、今年度は市民の皆さんや小学生の皆さんにとってより観察しやすく、より身近に興味を持っていただくため、調査種類を絞り「ツバメの子育て調査」に焦点を当て実施しました。

〇調査結果

 ●報告件数:1,118件

 今回の調査により、ツバメの繁殖状況が全国平均と比較しても概ね良好であったことから、当市は自然豊かな環境であることを再確認できました。
 その一方で、ツバメの減少についても報告が寄せられており、今後も動向を見守っていく必要があると考えられます。
 調査にご協力いただいた皆様には、元気に巣立って行くツバメの姿に喜びを感じ、毎年歓迎しているという方が大変多く、人とツバメのつながりを感じる嬉しい結果となりました。
 本調査が、多くの市民の皆様や関係各位のご理解とご協力により実施できましたこと心より感謝申し上げます。
 なお、詳しい結果については以下をご覧ください。

 昨年度までの調査結果については、新規ウインドウで開きます。こちらをご覧ください。

〇ツバメの子育て調査について

〇調査方法

調査期間:5月~8月
報告期限:平成27年9月11日(金曜)
報告方法:(1)ハガキをポストに投函
     (2)佐久市HPから報告     

なぜツバメを調べるの?

・ツバメが巣を作る条件は、私たち人間の生活と深い関わりがあり、環境の状態を探ることができる。(環境の変化を敏感にとらえる鳥とされている。)
・身近な野鳥であり、観察しやすい。
・野鳥の会などへ調査結果を提供し、全国的な調査との比較ができる。

調査項目

1 ツバメの巣は周りにある?
2 巣があった場所は?
3 生まれたヒナは何羽?
4 巣だったヒナは何羽?その日付は?
5 巣立てなかったヒナがいた場合の原因
6 その他使っていない古い巣はある?

注意~ツバメにも種類があります~

ツバメとイワツバメの見分け
 市内でみられるものにイワツバメもいますが、こちらは今回調べるツバメとは別の種類になりますのでご注意ください。
 イワツバメはのどが赤くない・腰が白い・尾が短いの3つの特徴があります。人家には巣を作ることは稀ですが、ビルや橋によく巣があります。

今回調査するツバメは写真のようにのどが赤いです。

お願い

 ツバメは外敵が少ない、人のそばに好んで巣をつくります。
 もしかしたら、鳴き声やフンが気になる方もいるかもしれませんが、どうか温かく見守っていただけると幸いです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境部 環境政策課
電話:0267-62-2917
ファクス:0267-62-2289

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら