このページの先頭です
このページの本文へ移動

公民館施設の利用について

更新日:2020年10月27日

公民館施設の利用条件を緩和します

現在、新型コロナウイルス感染症の予防対策として実施している公民館施設の様々な利用制限に対し、特段のご理解ご協力をいただきありがとうございます。
さて、この度(令和2年9月)、政府より施設使用における収容率や人数上限の緩和措置等が示され、「公民館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」も一部改訂が加えられました。
佐久市の公民館施設(市民創錬センター、浅間会館、中込会館、浅科会館、駒の里ふれあいセンター)においてもこのガイドラインを踏まえ、現在設けている利用条件を一部緩和いたします。
具体的な内容は以下のとおりです。

各室の利用定員について

基本的には、利用定員の制限は行いません。利用可能人数の目安は施設により異なりますので、各館へお問い合わせください。
なお、机・椅子を使う場合、椅子のみを使う場合とも、対人距離を最低でも1メートルは確保してください。

館内の飲食、料理教室等について

飲食を可能とします。ただし、従前より飲食を認めていた部屋にあっては、1メートル以上の間隔を確保するとともに、対面での飲食とならないよう注意してください。
また、料理教室での試食についても可能です。調理中の飛沫対策等を万全に行うこと、対面での飲食とならないこと、最低でも1メートルの間隔を空けることを守ってください。

利用の際に署名をお願いしております「利用にあたっての注意事項」も上記の内容を踏まえて内容を一部変更いたします。変更後の書式を以下に掲載しますのでご覧ください。

あわせて、公民館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(抜粋)も掲載しますのでご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

社会教育部 中央公民館
電話:0267-66-0551
ファックス:0267-66-0553

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ