このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

平成22年度中学生海外研修(モンゴル国)報告

更新日:2015年2月2日

福祉部長の神津公子です。

 中学生海外研修【モンゴル国】事業を7月31日(日曜)から8月4日(水曜)までの5日間で実施しました。

今回のモンゴル国の研修については、佐久市が平成20年8月にモンゴル国ウランバートル市スフバートル区と友好都市提携を行い、次世代を担う青少年の人材育成事業の一環として、佐久市に在住する中学生をモンゴル国に派遣し、異文化を通じて、風土・文化などを肌で感じる事を目的に今年度初めて事業を実施することになり、応募いただいた中学生5名と引率者3名の団長としてモンゴル国を訪問してまいりました。

草原の写真
研修の拠点ゴビモンツーリストキャンプ場から望む大草原「モンゴル国」

 本研修にあたり、6月より週一回のペースで事前研修を行い、モンゴル語の勉強、モンゴル国で「佐久市」を紹介することになり、佐久市の特産・文化・風土などを勉強しまとめて発表することにしました。また事前研修の中で、研修生たちのコミュニケーションを取る意味で、性格診断もみんなで行いました。

事前研修を7回実施。モンゴル語の勉強佐久市の紹介などをつくりました。

佐久市に留学のため在住していましたタカナさんにモンゴル語の講師をお願いしました。
タカナさんは、7月22日に母国モンゴル国に帰国されました。

緊張した面持ちの研修生たち

みんなで「国歌君が代」「翼をください」の練習
モンゴルでしっかり歌えるかな?

「さよならパーティー」で佐久市を紹介しようと四苦八苦!

挑戦・発見・感謝の気持ちを胸に、研修地モンゴル国へいよいよ出発です。

佐久平駅での出発式 緊張ぎみの研修生5名と引率者3名

成田国際空港で搭乗手続き
間違いなくチケットをもらいました

出国前のひととき 緊張から解放されて…

いよいよチンギスハーン空港に着陸です
(モンゴル国上空)

フライト時間4時間30分、大草原「モンゴル国」へ到着しました。

チンギスハーン空港では、スフバートル区のバトムンクさん・ハンダーさんの迎えを受けました

モンゴル語の講師でお世話になったタカナさんが空港まで出迎えに来てくれました

モンゴル国研修の拠点ゴビモンツーリストキャンプ場

キャンプ場到着後、今後のスケジュールの打ち合わせ

男子研修生の生活の場、ゲルの中で寛いでいます

女子の生活の場、ゲルの入口で「はいポーズ」

大自然に囲まれて研修生たちは何を感じたのでしょうか。

草原の夕暮れ
西の空には一番星「金星」が輝いていました

研修日2日目 朝やけが綺麗でした

いよいよモンゴル国での研修「ゲル作り」「乗馬体験」に挑戦です。

荷車1台分の材料で、ゲル1棟を造り上げていきます

アコーディオン式の外周壁を組立屋根部分の組み立てに入ります

屋根部分の垂木の組み込みは簡単のようで難しい作業でした

ゲルの骨組が完成しました

骨組の周りに、厚手のフェルトを巻く作業は力が必要です

ゲルの組み立ては、モンゴル人の知恵と力が必要だった

余裕を持っての乗馬体験です

始めは緊張して足元しか見ることができなかったけれど

手綱を持ってはかなり力が入っています

馬上では背筋を伸ばして リラックスを心がけて

乗馬体験 馬上から見た草原は一回り大きく見えた

ホームステイでは、どんな経験ができたのでしょうか。

男子研修生がお世話になったトムンデムレベルさん一家と

女子研修生がお世話になったダワーソトノムさん一家と

研修の合間 和やかなひと時。

ホームステイを終え研修の合間に通訳スタッフと寛ぐ研修生たち

「さよならパーティー」みんなで楽しみました。

昨年佐久市を訪れたスフバートル区研修生が佐久市研修生と交流のためキャンプ場に来てくれました

ホストファミリー ダワーソトノムさん一家もお見えになり「さよならパーティー」が始まりました

団長のあいさつでパーティーが始まりました
佐久市の研修生・引率者は日本の夏の装い「ゆかた」で参加

パーティーでは「日本国佐久市」をモンゴルの方々に紹介しました

楽しいひと時を過ごすことができました
みんなありがとう!

パーティーは終了したのですが。

スフバートル区研修生たちとキャンプファイヤーを囲み深夜まで踊りやゲーム等をして過ごしました

忘れることできないモンゴルの大自然。

雨上がり大草原に半円形の大きな虹が二重に架かりました!

ゆっくりとモンゴル時間が流れました

キャンプ場最後の朝になってしまいました。

研修生と記念写真を

キャンプ場滞在中お世話になったスタッフにお礼を
ありがとうございました!

キャンプ場スタッフと記念写真 お世話になりました

ウランバートル市スフバートル区を視察見学しました。

 キャンプ場を後にしてウランバートル市へ移動の車窓は、遊牧の群れからウランバートル市の一般住宅の風景へと

チベット仏教寺院「ガンダン寺」見学

チベット仏教寺院「ガンダン寺」では、スフバートル区研修生が駆けつけてくれました

アマダさん・ハンドさんありがとう。

モンゴル国研修で大変お世話になった通訳のアマダさん(男性)、ハンドさん(女性)とお別れです
二人には研修生の支えとなり協力をいただきました
本当にありがとうございました

モンゴル第58学校訪問

モンゴル第58学校を視察 夏休み中でしたが学校給食を試食しました。

学校給食は唯一第58学校だけでしか出していないそうです

日本人墓地訪問

厳冬の地モンゴルで強制労働により亡くなった
旧日本軍兵士などの835柱の遺骨が埋葬されていました

スフバートル区表敬訪問

トゥムルバートル区長・ウルジイブレン議長へ
表敬訪問をしました

スフバートル広場

モンゴル国の英雄スフバートル像の前で

国会議事堂の中央にはチンギスハーンの銅像が

スフバートル区主催で

スフバートル区の区長・議長をはじめ関係者が研修生のために「さよならパーティー」を開催してくださいました

モンゴル国最終日になってしまいました。

チンギスハーン空港で、5日間大変お世話になった通訳のムーンさん、スフバートル区のハンダーさんありがとうございました

 イフ バイラルラー バヤルタエ

 ありがとうございました さようなら

研修を無事終了し帰着式です。

帰着式団長あいさつ「無事に帰ってまいりました」

5日間の海外研修お疲れ様でした

 5間の研修でしたが、モンゴル国、スフバートル区の関係の方々に大変お世話になり、実り多き研修になりました。

 ありがとうございました。

 研修生たちの「研修報告」は、広報佐久、各中学校、国際交流フェスティバル、子どもまつりなどで発表してまいります。

 皆さん是非ご覧になってください。

お問い合わせ

社会教育部 生涯学習課
電話:0267-62-0671
ファクス:0267-64-6132

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから

ふるさと創生人材育成事業

施設案内

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら