このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

平成23年度中学生海外研修(アメリカ合衆国)報告

更新日:2015年2月2日

市民健康部長の岩間英一です。

平成23年度佐久市ふるさと創生人材育成事業(中学生アメリカ合衆国海外研修)が8月1日(月曜)から8月10日(水曜)までの10日間で実施されました。
今回の引率団長を命じられ研修をしてまいりましたので報告いたします。

はじめに

今回の研修地は、平成22年度と同様、テキサス州ヒューストン市です。
ヒューストン市には、アメリカ航空宇宙局(NASA)の宇宙センターの一つであるジョンソンスペースセンターがあり、ここで、川上村出身の油井亀美也さんが、宇宙飛行士になるための訓練をしていましたが、私たちが訪れる少し前に、晴れて宇宙飛行士となったことから、一時帰国されましたので、現地でお会いすることができず残念でしたが、JAXAヒューストン駐在員事務所のお取り計らいにより、宇宙飛行士の若田光一さんにお会いすることができ、一同大感激でした。

1 日程 

平成23年8月1日(月曜)~10日(水曜)

2 研修目的

海外での生活体験を通して、国際感覚を身に付けたり、NASAジョンソンスペースセンター等での視察研修を通して、宇宙開発を肌で感じる。

3 研修場所

アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン市

4 参加者

市内中学生8名
(本年度は、佐久コスモスロータリークラブからご寄附をいただき、8名のうち2名分の研修費に当てさせていただきました。なお、本年度から5年間、毎年ご寄附をいただくことが決定しています。)
引率者3名(岩間英一・木内和泉・工藤美幸)、添乗員1名

事前研修

6月1日に研修生選考会が行われ、8名の研修生が決定しました。
6月6日から7月25日の間に、9回の事前研修を開催しました。
7月24日には、栁田市長、土屋教育長、佐藤実行委員長、実行委員、保護者など大勢の皆様方にご出席いただき、壮行会が開催されました。

本研修

8月1日(月曜)

朝7時45分に佐久平駅にて、土屋教育長、佐藤実行委員長、保護者、関係者の皆さん出席のもと出発式を行っていただき、新幹線あさま号で上野駅へ。京成電鉄のスカイライナーへ乗り換えて成田空港第1ターミナルへ到着。
空港内では、スーツケースの輸送手続き後、米ドルへの両替、昼食をとり、その後、セキュリティーチェック・出国手続きの後、デルタ航空機にてデトロイト空港へ(途中、日付変更線通過)。
デトロイト空港にて、入国・税関手続き、スーツケースの受け取りなど、外国での初めての経験となる研修生も多かった中、私が一番手間取りました。
空港からは、専用バスでデトロイト市内を現地スタッフに案内してもらい、ヘンリー・フォード博物館を訪れました。
 博物館の建物は、以前は工場であり、建設当初から将来的には博物館にする計画であったとの話を聞き、アメリカ経済を牽引してきた象徴企業の自負を肌で感じることができました。
 その後、空港近くのホテルに1泊し、明日は目的地であるテキサス州ヒューストンです。

8月2日(火曜)

 デトロイト空港からヒューストン空港へ。
 降り立ったヒューストン空港で、1時間の国内時差を修正するが、アメリカ合衆国の広大さを、実感した瞬間でもあった。

ヒューストン空港での写真
ヒューストン空港内(宇宙服姿の牛がテキサス州旗を持って歓迎)

 空港からは、専用バスで現地スタッフに案内してもらい、ヒューストン滞在期間中に英会話授業を受ける教会施設へ到着。
 緊張の中、ティーチャーコーディネーターのジェームスさんからオリエンテーション、その後、早速、英会話授業。
 ジェームスさんから、ホームステイ中の意思表示のための基本的な英語を懇切丁寧に教えていただきました。

 英会話授業の終了後、ホストファミリーの皆さんに来ていただき、そこで、研修生が英語で佐久市を紹介しました。
 終了後、研修生はホストファミリー宅へ。研修生が充実した日々を過ごしてもらいたいと願いながら送り出す。
 私たち引率者も、レンタカーを借りて、宿泊先となるホテルに入る。

8月3日(水曜)

 朝、教会に集合し、その時、研修生にホストファミリー宅での1泊目の様子を聞くと、緊張しながらも和やかに過ごせた様で、まずは一安心。
 今日は教会に集合し、午前中はヒューストン市内のメモリアル・ハーマン病院を視察する。
 心臓疾患に関する医療では全米一とのことで、救急救命センターの病室や医療機器の説明を受けながら、医療体制の高さを感じることができました。また、病室をはじめ各スペースの広さに体格の違いを実感しました。
 また、子供の病棟では廊下に絵が描かれていたり、病室も一部屋ごとに楽しい雰囲気づくりがされていました。さらに、病気の治療とともに心のケアにも気を配ったシステムとなっているとのことでした。
 午後は、研修生が英会話授業の間を利用して、ヒューストン市内に一軒だけある日本食材を置いてあるスーパーマーケットに、各ホストファミリー宅で研修生が振る舞う一品料理の食材買い出しに出掛けました。

8月4日(木曜)

 午前中、ライス大学を視察しました。私立総合大学で、全米でも評価が高い大学として知られているとのこと。
 大学敷地内の環境は整備されていて、一見すると宮殿を思わせる雰囲気さえありました。大学のレストランで昼食とった時に、偶然ですが上田市出身の早稲田大学准教授でライス大学でも非常勤の准教授の方に声を掛けられ、一同驚くやら嬉しいやらのひと時を過ごしました。

 午後は、ダウンタウンのショッピングセンターを訪れ、ウインドーショッピングで目の保養をさせてもらいました。

8月5日(金曜)

 今日は、朝からNASAジョンソンスペースセンターの見学、午後3時すぎからは、JAXAヒューストン駐在員事務所を訪問しました。
 ジョンソンスペースセンターでは、スペースシャトルやアポロ宇宙船をはじめ大きなロケットの実物を見ることができ、宇宙開発のスケール大きさを肌で感じました。
 また、JAXAヒューストン駐在員事務所の訪問では、年度当初は油井亀美也さんとお会いする計画でしたが、晴れて宇宙飛行士に認定されたとのことで、研修期間中は日本に帰国されており、お会いできず残念でしたが、皆にサイン入りの写真をいただき感激しました。
 所長代理の方から、宇宙ステーションの概要についての説明をお聞きし、これで終わりかと思っていましたが、JAXAの皆さんのお取り計らいにより、思いがけず宇宙飛行士の若田光一さんにお会いすることができ、一同感激の一時を過ごしました。

8月6日(土曜)

 週末、研修生はホストファミリーと過ごすことになっているので、私たちもフリーな時間を過ごせるので、土曜日の午前中は、ダウンタウンの市立博物館を訪れましたが、週末ということもあり家族連れが多く訪れていました。
 午後は、日本語補習校を視察しましたが、中島校長先生の「哲学をもって事にあたる」熱意が先生方にも伝わり、しっかりと学校運営がされていました。

8月7日(日曜)

 朝からメキシコ湾を望む海岸に行きましたが、左右どちらを見ても果てしなく続く海岸に、アメリカという国の大きさを感じました。その後、海岸沿いにあるテーマパーク内の水族館を見学したり、3D映像を楽しんだりと、時間が瞬く間に過ぎていきました。
 夕方は、ジェームスさん宅に招いていただき、近隣の親しくされているご家族もこられ、楽しい夕食の時を過ごすことができました。

8月8日(月曜)

 午前中、最後の英会話授業。午後は、英語の歌を教わったり、さよならパーティーの練習をしたりしている間に時間が過ぎ、気がつけばさよならパーティーの時間に。
 さよならパーティーは、「心がひとつになった」とても楽しい雰囲気の中でフィナーレを迎えました。が、それ故に研修生にとっては、つらい別れです。

8月9日(火曜)

 午前5時起床、6時朝食の後、早速ヒューストン空港へ直行し、航空券チェック、持ち物身体検査も済み、ほっとする間もなくアトランタ空港へ。
 全米一の規模を誇るアトランタ空港内は、ターミナル間を電車で移動し、デルタ航空国際線281便で成田空港へ。

飛行機からの空の写真
機内からアメリカの地を望む

8月10日(水曜)

午後5時10分、予定時間より20分遅れて無事成田空港へ到着。その後、入国審査(パスポート、入国申請書を提出)を済ませ、スカイライナーで京成上野駅に。到着後、徒歩でJR上野駅の新幹線プラットホームからあさま545号に乗車し一路佐久市へ。
佐久平駅に到着。改札口の外には出発式と同じく、土屋教育長、佐藤実行委員長、保護者、関係者の皆さんにあたたかく出迎えていただき帰着式を行っていただきました。

帰着式の写真
新幹線佐久平駅到着後全員で

おわりに

 研修生はじめ、自分たち引率職員、添乗員さん、みんなが自分の立場をわきまえながらエネルギッシュに行動し多くの体験をして、元気に帰郷できたことを、改めて団長として皆に感謝したいと思います。
 また、研修生には今回の多くの体験を糧として、さらに自己研鑽に励み自分の夢に向かって前進して行ってほしいと願っています。
 最後に、この度の海外研修の機会を与えていただいたことに対しまして深く感謝申し上げまして、報告を終わらせていただきます。

お問い合わせ

社会教育部 生涯学習課
電話:0267-62-0671
ファクス:0267-64-6132

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから

ふるさと創生人材育成事業

施設案内

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら