このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

中学生海外研修(モンゴル国・アメリカ合衆国)研修生報告

更新日:2015年8月11日

市では、平成元年度に国から交付された「ふるさと創生資金」を「佐久市ふるさとづくり基金」として積み立て、その基金の活用により次代の佐久市を担う人材を育成するため「佐久市ふるさと創生人材育成事業」を実施しています。中学生を対象とした今年度の海外研修は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンと友好都市であるモンゴル国ウランバートル市スフバートル区において実施しました。
 
今回いち早く、海外研修に参加した研修生の感想を紹介します。
なお、詳しい研修報告につきましては、ホームページには後日団長報告を掲載いたします。
また、研修生の報告につきましては、報告書(冊子)を来年3月頃に各地区支所や図書館、公民館へ配布する予定です。是非ご覧ください。

中学生海外研修(モンゴル国)の概要

 この研修は、佐久市の中学生がモンゴル国を訪問し、遊牧民のゲルや一般家庭でのホームステイ、子ども交流会を通して相互理解を深め、乗馬体験やゲル作りなどを通してモンゴル国の風土や文化を肌で感じることで国際的視野を広げることを目的とした研修です。
 また、友好都市であるウランバートル市スフバートル区への表敬訪問や平成21年度から6年間佐久市に受け入れたモンゴル国の研修生との交流会などを通して、スフバートル区と佐久市の友好を深めることも目的としています。

  • 研修生・・・市内中学生6名
  • 事前研修・・・9回
  • 本研修・・・7月29日(水曜)から8月5日(水曜)までの8日間

研修生の感想

 

  • モンゴルでは、ぼくが予想していたよりもびっくりしたことがあります。それはモンゴルは大都市の景色だったことです。僕の行く前に予想していた景色は草原が広がっていると思っていたらビルだらけでした。モンゴルへ行ってよかったです。

<浅間中学校1年 清水智矢>
 
 

  • ぼくが過ごした8日間は、いつもとちがうものでした。とくに馬に乗って大草原をすごいスピードで走ったことが心に残っています。最初は、落ちないか心配だったけれども乗っているうちになれてきました。すごく良い経験になりました。

<浅科中学校1年 山浦雄生>
 
  

  • 僕がこの研修で学んだ事は、日本とモンゴルの関係です。モンゴルには日本車がとても多くてびっくりしました。日本車がモンゴルで使われているのは、日本車が丈夫だからという理由でした。機会があればまた、モンゴルに行きたいです。

<望月中学校1年 五味泰成>
 
  

  • モンゴル研修では、日本とは違う文化に肌でふれることができ、とても良い経験になったと思います。研修を今後の生活に活かしていきたいです。また、将来について改めて考えることができました。今回の研修に参加できてとても良かったです。

<望月中学校1年 長谷川美和>
 
  

  • この研修では、貴重な体験をたくさんしました。その一つがラクダ乗る体験です。私たちは乗馬もしましたが、ラクダの背中は馬より乗り心地が良く、安定していました。ほかにもゲルでの宿泊、石油庁への訪問などだくさんの経験ができました。

<望月中学校3年 依田はるな>
 
 

  • モンゴル研修で一番心に残ったことは、車の多さです。ウランバートル内はほぼ渋滞していました。そして、言葉があまり通じ合わなくても快く受け入れてくれることがうれしかったです。また必ず行きます。

<佐久長聖中学校2年 菊田駿>

中学生海外研修(アメリカ合衆国)の概要

 この研修は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンを訪問し、一般家庭でのホームステイや日本語補習校での交流を通して相互理解を深め、NASA(アメリカ航空宇宙局)ジョンソンスペースセンターで宇宙開発の歴史などを学ぶことで、国際的視野を広げることを目的としています。また、平成23年度より佐久コスモスロータリークラブより2名分の研修費に相当する76万円を5年間にわたって毎年寄附をいただいています。

  • 研修生・・・市内中学生7名
  • 事前研修・・・9回
  • 本研修・・・7月27日(月曜)から8月5日(水曜)までの10日間

研修生の感想

 
ホームステイでは自分が伝えたいことがあっても、なかなか伝わらなくて大変でしたが、それ以上に自分の英語が通じることもあってすごく嬉しかったです。ホストファミリーも私に話しかけてくれて本当の家族のように接してくれました。
<浅間中学校3年 草薙遥香>
 
  

  • 私は、アメリカ研修が出来て本当に良かったなぁと思います。新たな目標を見つけたり、国境を越えたつながりを持つことが出来ました。この研修は一生忘れることのない思い出になりました。支えてくださった、全ての方々に感謝しています。

<野沢中学校3年 永井優>
 
  

  • 僕は、この研修でとてもたくさんの事を学べました。飛行機の事、アメリカの事、ホストファミリーの事、スペースセンターの事など、とても楽しく有意義な研修になりました。ほかの仲間とも仲よくでき、研修に行けてとても良かったと思いました。

<中込中学校2年 櫻井阿琉>
 
 

  • 私は、この研修でホームステイをしたことが一番印象に残っています。私の英語は未熟でしたが、単語をつなげて話したりジェスチャーをして通じた時はすごくうれしかったです。言葉も生活習慣もまるで違う場所で過ごす貴重な体験ができました。

<東中学校1年 中澤環>
 
 

  • 私は今回の研修参加して色々なことを学びました。最初、私はホストファミリーのみなさんとどう話して良いか分かりませんでした。でも、少し英語に慣れて、たくさん会話ができるようになり、とても良い経験になりました。

<臼田中学校2年 三部優月>
 
  

  • とにかく英語をたくさん話したくて行ったアメリカ。一家族と一週間一緒に過ごしたため、文化や生活の違いを肌で感じることができました。伝わらない事もあったため、もっと英語を上達させ、もう一度アメリカへ行きたいと思います。

<望月中学校3年 栁澤雪香>
 
  

  • 僕は、直にアメリカの文化に触れたいと思い、研修に参加しました。特にホームステイで、優しいホストファミリーに迎えられ、生の英語でのコミュニケーションを楽しめました。この研修に行けたことに感謝し、この経験を活かしたいです。

<佐久長聖中学校3年 大谷津光汰>

お問い合わせ

社会教育部 生涯学習課
電話:0267-62-0671
ファクス:0267-64-6132

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから

ふるさと創生人材育成事業

施設案内

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら