このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

平成30年 少年センターだより5月号

更新日:2018年5月10日

春の陽気も過ぎ、暑い日差しが増えるようになってきましたが、まだまだ雨の日は寒さが続きます。
これからの季節、子どもたちは外で遊ぶ機会も増えていくことでしょう。子どもたちが元気に毎日が過ごせるよう、地域で見守っていきましょう。

補導委員による学校訪問が始まります

担当地区の補導委員と専門補導委員が市内の学校を訪問し、子どもたちの学校や地域での様子などの情報を共有して、子どもたちが安心して過ごせるようにしています。学校と地域が協力して子どもたちを守り、育てていければよいと思います。

気になる子どもたちの様子があれば、地区を巡回している補導委員に遠慮なく声をかけてください。

4月の補導日誌から

4月13日(金曜日)補導委員 街頭補導活動

本日は新専門補導委員の横井・武井先生との初巡回日となりました。簡単な自己紹介とごあいさつを済ませた後に、王城公園へ向かいました。園内には人影はなくひっそりしていました。その後の枇杷坂公園でも遊んでいる子どもがおらず静まりかえっていた印象でした。ただ、道中に遭遇した女子中学生のあいさつ姿勢が素晴らしく感動を覚えました。そして岩村田駅へ到着すると初々しい新入生(高校生)たちが大勢いて、帰宅列車を待つ一時の談笑を楽しんでいる姿がとても印象的でした。桜も満開でとても春を感じさせる巡回日和でした。
 

4月26日(木曜日)補導委員 街頭補導活動

県民広場、人影なし。南高前、生徒の姿見られず、教室内には大勢いる。
児童館、庭で小学2~3年生が11名くらい遊んでいる。普段は100名くらい利用しているが、家庭訪問が始まっているので今日は120名利用しているとのこと。皆元気に遊んでいる。中島公園は人影なし。原公園で子どもたちが9名、付き添いの母親が3名遊んでいた。ロープのジャングルジムで楽しそうに遊んでいる子、小さなシーソーで遊んでいる子、皆元気で良い。城山公園は人影なし。

5月の啓発

子どもをネットの危険から守る!!『フィルタリング』

平成30年2月から法律が改正され、18歳未満が携帯やスマホを使う時には店頭などで「フィルタリング」の提供・説明・設定が義務付けられました。

フィルタリングとは・・・

危険なサイトやアプリをブロックし、思わぬところで利用者がネットの危険にさらされるのを防ぎます。

フィルタリングを利用する上で大切なことは・・・

●子どもが不便を感じても不用意にフィルタリングを解除しない!

フィルタリングは使い方に合わせて設定を変更することができます。子どもの年齢や使い方に合わせてきちんと設定することが大切です。

●家族でよく話し合いましょう!

フィルタリングの設定をするときにはもちろん、子どもが利用したいサイトやアプリがブロックされた時「なぜブロックされたのか」一緒に考えてみましょう。子どもが自ら考えて情報を取捨選択する力を養いましょう。
※フィルタリングアプリを利用できない機器は機能制限を利用しましょう。

お問い合わせ

社会教育部 生涯学習課
電話:0267-62-0671
ファクス:0267-64-6132

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから

少年センターだより

施設案内

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら