このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

平成30年 少年センターだより6月号

更新日:2019年2月21日

6月に入り梅雨の時期となりました。雨の日は傘をさしながらの通学になり、大人も子どもも注意力が散漫になりがちです。子どもたちも新しい環境に慣れてきた頃かと思いますが、交通事故には十分気を付けましょう。
梅雨が終われば夏本番、暑さも厳しくなっていくことでしょう。
暑さに負けないよう、元気に毎日を過ごしましょう。

佐久市少年センター補導委員協議会総会が開催されました

5月18日(金曜日)に佐久市少年センター補導委員協議会総会が開催されました。
今年度は継続年度ですが、4名の地区選出補導委員と17名の学校選出補導委員が新たに委嘱されました。
今年度も子どもたちへの見守り、声かけを行なってまいりますので、地域の皆様にはご理解とご協力をお願いいたします。

補導委員研修会が開催されました

5月18日(金曜日)の総会後に、補導委員研修会が開催されました。今年は長野県警察本部サイバー犯罪対策室の小林氏をお招きし、「サイバー犯罪の現状と対策」と題しまして、ご講演いただきました。子どもたちが巻き込まれているネットやSNS上の犯罪について実際の事例を交えながら、お話をしていただきました。
実際の事例を聞いていると、子ども自身が安易な気持ちで送ってしまった画像や、やり取りで、取り返しのつかないことになるケースが非常に多いと感じました。インターネットに関する知識は子どものほうが知っていることも多くあります。大人はもちろんのこと、子どもたち自身もインターネットに潜む危険について知ることが重要であると考えさせられました。
近年、携帯電話やスマホを持つ子が増えていますが、大人が子どもと使い方や危険性についてきちんと話をする必要性があると感じました。

5月の補導日誌から

5月7日(月曜日)補導委員 街頭補導活動

連休明けの月曜日、大雨のなか傘をさす子どもが児童館から、迎えに来た親御さんと帰宅していきました。大雨のため、児童館はいつもより大人数のようでした。子どもたちの元気なあいさつに、新年度が始まっているなと感じました。

5月24日(木曜日)補導委員 浅間中学校訪問

専門補導委員の司会で、浅間中学校の教務主任の先生、生涯学習課の職員、及び専門補導委員を含む補導委員11名にて話し合いが行われました。まず、教務主任の先生から学校の現状についてのお話があり、浅間中の生徒のお話しのあと、質疑応答があり、特に「あいさつ」に関して好意的な意見がありました。私たちが学校に着いたのは、生徒たちの掃除の時間帯でした。生徒たちは皆、こちらを見てきちんとあいさつをしてくれました。特に体育館の脇のコンクリートの上を雑巾で拭いている生徒がいたので声かけをしたところ、真っ黒くなった雑巾を持ち、笑顔で掃除の状況を説明してくれました。やはり、こちらからの「声かけ」は大切ですね。補導委員のモットーは「声かけ」であり、この「声かけ」こそ関係づくりの始まりであると思います。今回の訪問は、青少年を解る手助けになりました。

6月の啓発

急増する「ネット上のいじめ」

近年、子どもたちのコミュニケーションツールとして携帯電話やスマホが普及するなかで、「ネット上のいじめ」が急増し、深刻な問題となっています。
ネットが持つ匿名性と簡易性から、子どもたちが簡単にいじめる側にも、いじめられる側にもなってしまう危険が潜んでいるのです……。

インターネットの特性について学び、きちんと理解しましょう!

「ネット上のいじめ」の危険性を知り、「情報モラル」を学び身に付けることが大切です。家庭でお子さんとネットの使い方について話をしてみましょう。

ちょっとした変化を見逃さないで!

「ネット上のいじめ」は大人が気付きにくいということも特徴です。子どもが相談しやすい環境をつくり、みんなが気持ちよくネットを利用できる環境を目指していきたいですね。

お問い合わせ

社会教育部 生涯学習課
電話:0267-62-0671
ファクス:0267-64-6132

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設案内

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら