このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

令和元年(2019年) 少年センターだより4・5月号

更新日:2019年6月17日

新年度が始まり、5月には新しい元号「令和」の時代が始まりました。
佐久市少年センターには、補導委員協議会と育成推進協議会という2つの組織があり、青少年の健全育成のために様々な活動を行っています。
今回は、佐久市少年センターの活動の一部と、地区から選出された80名の補導委員と一緒に街頭補導活動をしている専門補導委員を紹介します。

佐久市少年センター~伸びよう 伸ばそう 青少年~

街頭補導活動

青少年の非行を未然に防ぐため、また、子ども達が安全に過ごすことができるよう、週5回、青少年が集まりやすい場所を中心に、地域を巡回しています。

育成会活動

地域の特性を活かした文化活動やスポーツ活動、郷土の伝承文化を継承する活動、奉仕活動、レクリエーション活動等の体験活動を支援するとともに育成会の組織づくりを推進しています。

環境浄化活動

有害自販機を設置させない運動や落書き等への対処をしています。
また、青少年の訪れる可能性があるゲームセンターや市内店舗等に、子ども達への「声かけ」や「健全育成」への協力をお願いしています。

相談活動

少年が抱く悩みや、家庭・地域が抱えている青少年に関する問題の相談に応じています。

啓発活動

市内での街頭啓発や、薬物乱用防止広報車を活用した薬物の怖さについての啓発などを行っています。

出前講座

「子ども達がネットトラブルに巻き込まれないための知識と対処方法」について、専門補導委員が各地区の育成会等に出向いて解説をいたします。是非ご利用ください。

5月のトピック (※4月のトピックはお休みです)

補導委員をご存知ですか?

佐久市少年センター補導委員協議会は、地域の皆さんの中から選出された80名と、市内の各小学校・中学校・高等学校の先生の中から選出された33名の、計113名の委員で構成されています。80名の補導委員は地域ごとに4人で1つの班を作り、地域の子ども達の健やかな成長を願って、通学路等の巡回や「愛の声かけ運動」などの活動を日々行っています。

補導委員の主な活動

平日の午後4時~午後5時30分(11月~3月は午後3時30分~午後5時)に、街頭補導活動として地域の見回りを行っています。子ども達が集まる公園や商業施設、児童館などを訪問し、訪れる子ども達の様子をお店の人や館長さんに聞いたり、子ども達の声かけを行ったりしています。また、ぐらついている塀や陥没した道路など、子ども達にとって危険と思われる箇所の発見にも努め、関係機関への連絡を行っています。
補導委員協議会では、「青少年は地域で育む」という観点に立ち、子ども達への「声かけ」や「対話」を積極的に行っていきたいと思います。地域の皆さまにも、子ども達の安全で健やかな成長のため、補導活動へのご理解、ご協力をお願いいたします。

佐久市少年センター専門補導委員の紹介

3名の専門補導委員が、地区選出の補導委員と共に毎日の街頭補導活動として地域の見回りをするほか、少年相談を中心に子ども達と関わり、青少年の健全育成のために活動しています。地域での活動を見かけたら、ぜひ気軽に声をかけてください。
また、専門補導委員からも地域の情報をお聞きしたり、声かけをすることがあるかもしれませんが、よろしくお願いします。

専門補導委員に委嘱され2年目に入りました。1年間の経験を、更に発展させていきたいと考えております。
青少年の健全育成の精神を踏まえ、一路邁進していきたいと思います。地域の皆さま、補導委員の皆さま、よろしくお願いします。

専門補導委員として2年目を迎えました。昨年は補導委員の皆様と共に「地域の子どもは地域で守り育てよう」と子ども達への積極的な声かけを行いました。
今年も、事件や事故につながる危険な場所はないか確認しながら、子どもの健全育成のため活動したいと思っています。

虐待、交通事故等で子ども達の命を奪ったり、傷つけたりするニュースが毎日のように流れています。子ども達の、心身ともに大きな痛みを考えると胸が裂ける思いです。
専門補導委員2年目になります。子ども達へ積極的に声をかけて、内面まで分かろうと努力していきたいです。よろしくお願いします。

3月の補導日誌から

3月12日(火曜日)補導委員

野沢会館内では野沢南高2年の生徒が勉強中。野沢中グラウンドでは、テニス部がコートの整備、野球部が練習をしており、暖かくなってきていることから活発な部活動を期待したい。なお、卒業式が15日とのこと。巣立っていく3年生にエールを送ります。城山公園には小学3~6年生の児童がおり、ゲームに熱中していた。今回の巡回補導で2年間の補導委員活動は終わりますが、貴重な経験をさせていただきました。今後も地域の青少年の健全育成のため、微力ながらサポートしていきたいと思っています。

3月20日(水曜日)補導委員

学年末を迎え、職員の方は、次年度の準備等であわただしい。だが、子ども達は次の新しい生活に向かって、学習やスポーツに勤しむ姿があちこちで見られた。イオン2階は高校生がテーブルを囲み、それぞれ学習に励む。交流広場では、1、2年生がサッカーに親しみ、汗を流していた。もみの木公園では、中3の女子生徒が楽しそうに思い出を語っていた。いずれも声をかけると若々しく、軽やかな返事が返ってきた。数年前までの補導指導とは大きく変化してきたこの頃に、戸惑いも感じている。

4月の補導日誌から

4月12日(金曜日)専門補導委員

文書配布のため、市内の小・中・高校を訪問した。その際、学校職員から生徒の様子などをお聞きし、また、校内や下校途中の児童・生徒に声かけをしながら街頭補導を実施した。小学校の新入生も次第に学校生活に慣れ、今週から新入生の給食も始まったようであった。真新しいランドセルを背負った新入生に声かけをしたところ、「学校楽しい。いっぱいお勉強したい。」と元気よく答えてくれた。事故なく、心も体も大きく成長してもらいたいと思いました。

4月26日(金曜日)専門補導委員

中込児童館の利用者は93人。職員によると「今日は参観日があって利用者が多い。」とのこと。庭で遊んでいる子に話しかけると「仙台のおばあちゃんの家に行く。」と楽しみにしている様子であった。城山公園に15名くらいの男女中学生が『花いちもんめ』をやっていた。昔の遊びを後世に残してほしいと思った。銀行前の道路で緑色のジャンパーを着た集団に遭遇。背中に学校名が書いてあり声をかけた。引率の先生に話を聞くと「高校の生徒会役員50名くらいが参加し、7方面に分けて学校周辺のごみ拾いをやっている。毎学期、年3回実施し、本校の恒例行事になっている。」とのことであった。生徒は、手にごみ拾い用のトングとビニール袋を持ち、真剣な表情でごみ拾いを行っていた。素晴らしい活動に敬意。佐久県民運動広場の体育館南側空き地に、ごみが入ったビニール袋が捨てられていた。残念。専門補導委員が回収した。

お問い合わせ

社会教育部 生涯学習課
電話:0267-62-0671
ファクス:0267-64-6132

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設案内

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら