このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

除草剤の飛散防止に配慮しましょう

更新日:2018年8月23日

除草剤を散布した際に、風によって除草剤が周辺に飛散し、健康被害や農作物被害が生じる場合があります。
除草剤を散布する際は、以下の点に留意して作業を行ってください。

  1. 除草剤の散布は、無風か風が弱いときに行う。
  2. 近くに学校や通学路がある場合は、子どもが登下校する時間帯には散布をしない。
  3. 飛散が少ない薬剤や、飛散を抑制するノズルを使用する。
  4. 作業中は風向きやノズルの向きに注意し、周辺の農作物や自動車などに除草剤がかからないようにする。
  5. 薬剤の種類によっては、散布した場所から周辺に影響を与えるものもあるため、田畑の近くでの使用には注意を払う。

農作物被害の例
農作物被害の例(水稲)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

経済部 農政課
電話:0267-62-3203
ファクス:0267-62-2269

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら