このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

【果樹生産農家の皆様へ】果樹剪定枝の取り扱いについて

更新日:2015年2月2日

東北信地域での果樹剪定枝の取り扱いについて県からの見解が示されました。

 昨年、県が実施した果樹剪定枝の放射性物質検査で、極微量の放射性セシウムが検出された東北信の一部について、果樹剪定枝の焼却自粛を呼びかけていたところではありますが、果樹剪定枝中の放射性物質は年々減少すると考えられることから、県は改めて検査を実施し、以下のとおり見解を示しました。

調査結果

  1. 平成25年1月、東北信地域23地点で採取した果樹剪定枝の放射性物質濃度は、不検出~48Bq/kgでした。
  2. 毎年剪定を実施する果樹においては、放射性セシウムの自然減退や新たに枝が伸びることなどにより、剪定枝中の放射性物質は減少すると考えられます。 昨年の結果:不検出~209Bq/kg

東北信地域での果樹剪定枝の取り扱いについて

 昨年度佐久市千曲川右岸地域においてお願いしていた、果樹剪定枝の焼却の自粛は今回の調査を受け、解除されました、通常どおり、ほ場内で焼却処理を行うことができます。
 なお、剪定等作業は従来通り行っても安全性に問題ありませんが、放射性物質の無用な拡散を防ぐ観点から、昨年に引き続き、ほ場からの剪定枝の持ち出しを自粛し、ほ場内での処理をお願いいたします。

詳しい内容、検査結果等については県のプレスリリースをご覧ください。

果樹生産者の皆様のにおかれましては以上のように対応していただけるようご配慮をお願いします。

お問い合わせ

経済部 農政課
電話:0267-62-3203
ファクス:0267-62-2269

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら