このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

豪雪による農業被害への支援対策について

更新日:2015年2月2日

 市では平成26年3月5日(水曜)に佐久市豪雪農業被害対策本部を設置し、豪雪による被害を受けた農業者の皆様へ、営農を再開するために以下のような支援を実施して参ります。

 (1)被害農業用施設の撤去費用への補助
 被害を受けた農業用施設の撤去費用に対しての補助金

 (2)農業用施設の復旧に係る修繕費用・再建費用への補助
 被害を受けた施設を復旧させるために修繕した費用及び、新たな農業用施設の設置に係る費用に対しての補助金

 (3)代作用種苗購入費用への補助
 作付け予定であった農作物等の代作または、植替えを実施するために必要な種苗の購入費用に対しての補助金

 ※それぞれの補助金の対象者、対象施設、補助率等については、詳細が決まりましたらお知らせいたします。

罹災証明書の発行について

 市では、豪雪により被災した農業用施設について、罹災証明書の発行をおこなっております。今後、補助事業の申請等を予定されている方は、罹災の確認が必要となりますので、事前に罹災証明書の申請を行ってください。なお、罹災証明の申請は4月30日(水曜)までに申請をしていただきますようお願いします。

  • 罹災証明書の申請には以下の書類を提出してください。

(1)罹災証明申請書・調査表

上記書式は佐久市役所農政課窓口または、各支所経済建設係にもございます。

(2)被災状況写真

 被災した農業用施設の被災状況の写真を添付してください。なお、1棟につき、施設全体の写真と四方から撮影した写真。(撮影日付を入れてください。)

(3)被災農業用施設の位置図

 被災した農業用施設の所在地を確認できる地図等の添付をお願いします。位置図が無い場合、窓口にて所在地を確認させていただきます。
※被災状況の写真が無い場合、罹災証明が発行できない場合がございます。

※注意事項 補助金の申請を予定されている方へ

・農業施設の撤去・修繕・再建を行う前に、以下の書類等を保存しておいて下さい。
(1)被害状況の写真(四方向から撮影、撮影した日付けが必要です)

(2)施設内に作物や苗があった場合は、その状況がわかる写真

(3)撤去作業についての書類一式
 ア 施設の撤去作業の状況写真(作業をしている様子や終了後)
 イ 撤去作業を行った日付、参加人数(氏名)、費用等の記録

(4)撤去作業を外注した場合の見積書、発注書、納品書、請求書などの書類

被災農業用施設の廃材受け入れについて

 市では、今回の豪雪により倒壊したパイプハウスから出た廃材のうち、鉄材のみ第1回目の受け入れを下記のとおり実施します。

 なお、4月以降も鉄材の受け入れを継続するとともにビニール等の被覆材の受け入れも実施する予定です。(受入日等については後日改めてお知らせいたします)

受け入れ日時 3月25日(火曜)午前9時~午後4時

受け入れ場所 (全てJA佐久浅間の施設となります)
佐久地区 さく北部営農センター 電話:68-4899
さく東部営農センター 電話:68-2841
さく南部営農センター 電話:62-8145
臼田地区 切原集荷場 電話:82-9032(みなみ北部営農センター)
みなみ北部営農センター  
浅科地区 八幡集荷場 電話:53-2866(しらかば東部営農センター)
望月地区 春日ライスセンター  
長者原予冷庫  

今回の豪雪による被害に対して、市役所農政課に相談窓口を設置しております。

お問い合わせ

経済部 農政課
電話:0267-62-3203
ファクス:0267-62-2269

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら