このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • ホーム
  • イベント情報
  • 収蔵美術品・作家
  • 企画展覧会情報
  • 美術館案内

月替わりコレクション紹介・武者小路実篤《達磨》(5月31日まで)

更新日:2022年5月1日

月替わりでコレクション(当館の収蔵作品)を紹介します。

新緑のまぶしい季節になりました。ゴールデンウィークには外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。佐久バルーンフェスティバル(外部サイト)が開催される予定です。
色とりどりの気球が大空へ飛び立つのが待ち遠しいですね。熱気球競技を観戦した後は、当館へもぜひお出かけください!

さて、今月紹介する作品は、武者小路実篤《達磨》です。

※2022年5月31日(火曜)までの限定公開です。
※画像の転載は禁止します。

武者小路実篤(むしゃこうじさねあつ)達磨(だるま)

基本情報

作者名:武者小路実篤
生没年:1986-
制作年:1955
材質・技法:絹本墨書淡彩
寸法(cm):115.8×41.6

解説

武者小路実篤(1885-1976)は「白樺派」を代表する小説家として知られていますが、その活動は文筆業だけにとどまらず、日本の文化や芸術に広く影響を与えた人物でもありました。美術に造詣の深かった実篤は、自身も40歳頃から身近な野菜や、愛用する壺に活けた植物などをモチーフに、「君は君我は我也 されど仲よき」「自然玄妙 人生玄妙」といった印象的な自画賛を添えた絵画作品を描きました。

そんな実篤の作品に惚れ込んだ人物のひとりが、佐久市出身の実業家(株式会社美術年鑑社初代社長)で、当美術館のコレクションの母体となった作品群の寄贈者である油井一二(ゆいいちじ)(1909-1992)です。販売用の作品注文のために実篤のもとを訪れるようになった油井は、実篤の人柄や著作にも感銘を受け、人生の師と仰ぎました。当館で所蔵している実篤の作品は、油井が実篤に注文した作品のなかでも「最高のできばえ」であるとして、生涯手放さずに保管していたものです。
 
1953年、油井は美術品を販売することに行き詰まり、食糧難を受けて人造米製造に着手します。しかしその後例年にないほどの大豊作となり、油井は借金と使わなくなった機材を抱えて、事業から撤退します。失意に沈む中、久しぶりに実篤のもとを訪ねると、実篤は以前と変わらない様子で油井の話を聞き、目の前で墨を擦りはじめ、張り子の達磨の絵とともに、

師よ師よ何度倒れる迄起き上らねばなりませんか 七度迄ですか 否 七を七十倍した程倒れても なほ汝は起き上らねばならぬ

と力強く書き上げました。この作品《達磨》と実篤からの助言をきっかけに、油井は美術商として再起を果たしました。
実篤との交流は亡くなる直前まで続き、1976年に刊行された、油井旧蔵の作品を紹介する図録『美の寶庫(ほうこ)』には、病床の実篤から油井に宛てて励ましの言葉が寄せられました。

展示情報

武者小路実篤《達磨》は、3月19日(土曜)から5月8日(日曜)まで「新規ウインドウで開きます。コレクション展 自然と美術 ―武者小路実篤から現代美術まで―」で展示します。また、本作品は会場での写真撮影が可能です。
5月9日(月曜)から7月15日(金曜)まで、外壁タイル改修工事等のため当館は休館いたします。
7月16日(土曜)からは長野県立美術館と当館の所蔵する名品が出そろう展覧会「長野県立美術館交流名品展 佐久からひろがる 信州の近現代美術」が始まります。お楽しみに!

本文ここまで

佐久市立近代美術館 油井一二記念館

〒385-0011
長野県佐久市猿久保35番地5
電話:0267-67-1055
ファックス:0267-67-1068
お問い合わせはこちら
アクセス方法
アクセスマップ

休館日

毎週月曜日(休日の場合は開館)
展示替え期間(不定期)
年末年始期間(12月29日~1月3日)
ほか臨時休館することがあります。

開館時間

午前10時~午後4時30分

Copyright © SAKU Municipal Museum of Modern Art. All rights reserved.