協力店 直売所 ボランティア 農業祭 郷土料理 地場産品 農業体験 食育

安心安全まるごと食べよう佐久の食 マルシェ・さく
ホーム 地産地消推進プランとは 地産地消推進の店紹介 もっと知ろう佐久の食 ボランティア募集 お問い合わせ
ホーム > もっと知ろう!佐久の食 > 佐久の伝統食 > ぴんころ御膳(春)


食のカレンダー

米粉に注目!

佐久の伝統食

佐久の主な農林水産物

美しい佐久の田園風景

地産地消の店募集

佐久を食べよう!

ぴんころ御膳

佐久地方の4月。梅の花の香りが風に誘われて柔らかく漂い、桜も桃も一度に花を咲かせ、美しさの共演に酔うような心地よさを感じます。
4月は「始まる」ことの多い付き。親元を離れて社会人として巣立つ人、学生として出発する日と。それぞれに希望に満ちた、それぞれの「始まり」があります。「初めて」という中で多くの人との触れ合いがあり、結びつきがあります。小さな子ども達にもドキドキするような毎日の始まりがあるのでしょう。出発の時、お祝いのお膳で「おもてなし」をしたいものです。

作り方(材料は4人分)
【おこわ・赤飯】1人分359キロカロリー
(材料)
もち米 カップ2
さつまいも 80g
甘納豆 60g
カップ1.5
砂糖 小さじ1
小さじ1弱
食紅 少々

(作り方)
(1) 米は洗って1〜2時間水に浸けておき、ざるにあげる。
(2) さつまいもは1cm角に切り、さっと水につけてざるにあげる。
(3) 炊飯器に米と水を入れる。
(4) 食紅を少々の水で溶き、少しずつ炊飯器に加え好みの色のし、30分程おく。
(5) (4)にさつまいもを加えて炊く。
(6) 炊きあがったら、甘納豆をのせて蒸らす。(この時ご飯は混ぜない)
(7) 10分程蒸らしたら、ご飯と甘納豆を混ぜる。
(8) 好みでごま塩をふりかけ完成。
【恋のささやき(鯉の酒焼き)】 1人分191キロカロリー
(材料)
鯉(塩焼き用) 80gを4切れ
大さじ3
塩・こしょう 少々
★つけあわせ・・キューピットはポトフ風
人参 80g
ゆきわり(さやえんどう) 40g
じゃがいも(粉ふき芋) 120g
しょうゆ  
こかぶ 2個
サラダ菜 8枚

(作り方)
(1) 鯉は酒・塩・こしょうで下味をつけてから焼く。
(2) じゃがいもは粉ふき芋にする。
(3) 人参は一口大に切る。
(4) ゆきわりはさっと茹でておく。
(5) かぶは1/4に切る。
(6) 人参・かぶはやわらかく煮た後、ゆきわりと一緒にしょうゆでさっと煮て、味をつける。
(7) サラダ菜、(6)を付け合わせにし、鯉を盛りつける。

【切干し大根の白和え】 1人分143キロカロリー・塩分1.4g
(材料)
豆腐 100g
すりくるみ 大さじ2
味噌 24g
砂糖 小さじ2
切り干し大根 20g
水煮大豆 40g
青菜 120g
キウィフルーツ 1
生竹輪 小1本

(作り方)
(1) 切り干し大根は水に浸してから茹でて2〜3cmに切る。
(2) 青菜は茹でて2〜3cmに切り水気をしぼる。
(3) キウイは皮をむき1cm角に切る。
(4) ちくわは小口切りにする。
(5) 豆腐は水切りにしてつぶし、くるみ、砂糖、味噌を混ぜる。
(6) (1)〜(5)と大豆を和える。
【梅の澄まし汁】1人分10キロカロリー・塩分5.1g
(材料)
梅漬け 1個
昆布茶 小さじ8
セリ 4本
生姜 適宜
熱湯 600〜800cc

(作り方)
(1) セリは小口切りにする。
(2) 生姜は針生姜にする。
(3) お椀に、梅、昆布茶、セリをいれ熱湯をそそぐ。
(4) 針生姜を添える。


・春の御膳(卯月)
-------------------
・夏の御膳(葉月)
-------------------
・秋の御膳(長月)
-------------------
・冬の御膳(如月)
-------------------


ホーム佐久市農・商・工連携地産地消推進プランとは地産地消推進の店食のカレンダー佐久の農林水産物地産地消推進店募集
ボランティア募集お問い合せ個人情報の取り扱いについて著作権・リンクについてサイトマップ
佐久クラインガルテン望月 佐久物産振興社 おいでなんし!佐久 さくライフ 森林セラピー
佐久市経済部農政課