協力店 直売所 ボランティア 農業祭 郷土料理 地場産品 農業体験 食育

安心安全まるごと食べよう佐久の食 マルシェ・さく
ホーム 地産地消推進プランとは 地産地消推進の店紹介 もっと知ろう佐久の食 ボランティア募集 お問い合わせ
ホーム > もっと知ろう!佐久の食 > 佐久の伝統食 > ぴんころ御膳(冬)


食のカレンダー

米粉に注目!

佐久の伝統食

佐久の主な農林水産物

美しい佐久の田園風景

地産地消の店募集

佐久を食べよう!

ぴんころ御膳

寒中、佐久地方の風物詩でもあった軒下で風に揺れていた「凍み豆腐」の暖簾が見られなくなりました。
三度笠のふりわけ荷物のように縄で結わかれた凍み豆腐。寒風にさらし水分を蒸発させ、乾燥させて一年中食べていた保存食でもありました。
酒所を誇る佐久の酒粕と一緒になり、粕汁などの郷土食が造り出されました。


作り方(材料は4人分)
【粕汁】1人分104キロカロリー
(材料)
じゃがいも 100g
大根 100g
人参 40g
凍み豆腐 1枚
味噌 大さじ2.5
酒粕 50g
煮干し 適宜

(作り方)
(1) 酒粕は細かく刻み、水に浸しておく。
(2) 鍋に水と煮干しを入れ、火にかける。
(3) じゃがいもは一口大に切り、人参・大根はいちょう切りにする。
(4) 凍み豆腐は水で戻し、縦半分に切り薄切りにする。
(5) (2)に(3)(4)を入れて煮る。
(6) (5)に酒粕・味噌を入れ味を調える。


【鯉のピリ辛煮】1人分162キロカロリー
(材料)
鯉のあらい厚切り 240g
小麦粉 大さじ1
サラダ油 大さじ1
しょうゆ・酒 各大さじ1
トウバンジャン 少々
大さじ3〜4
ブロッコリー 30g
人参 10g

(作り方)
(1) 鯉のあらいに小麦粉をまぶし、油で炒める。
(2) 調味料を火にかけ、炒めた鯉のあらいをからめる。
【ふき味噌のはるまき】1人分82キロカロリー
(材料)
ふきのとう ひとつかみ
味噌・砂糖・サラダ油 各大さじ1
ライスペーパー 4枚
レタス 2枚
パセリ 少々
ロースハム 15g
大根 60g
きゅうり 1本

(作り方)
(1) ふきはよく洗って、粗く刻む。
(2) ふきに味噌・砂糖・サラダ油をよく混ぜる。
(3) アルミホイルに(2)を1cm高さに広げて、オーブントースターで焦げ目が付くまで焼く。
(4) ライスペーパーは水に浸けて柔らかくする。
(5) 大根は千切り、きゅうりはスライスにする。
(6) ライスペーパーを広げて、レタス・大根・きゅうり・ロースハム・ふき味噌を入れて巻く。
(7) 器に盛り付け、パセリを添える。


・春の御膳(卯月)
-------------------
・夏の御膳(葉月)
-------------------
・秋の御膳(長月)
-------------------
・冬の御膳(如月)
-------------------


ホーム佐久市農・商・工連携地産地消推進プランとは地産地消推進の店食のカレンダー佐久の農林水産物地産地消推進店募集
ボランティア募集お問い合せ個人情報の取り扱いについて著作権・リンクについてサイトマップ
佐久クラインガルテン望月 佐久物産振興社 おいでなんし!佐久 さくライフ 森林セラピー
佐久市経済部農政課