協力店 直売所 ボランティア 農業祭 郷土料理 地場産品 農業体験 食育

安心安全まるごと食べよう佐久の食 マルシェ・さく
ホーム 地産地消推進プランとは 地産地消推進の店紹介 もっと知ろう佐久の食 ボランティア募集 お問い合わせ
ホーム > 佐久市農・商・工連携地産地消プランとは > 佐久市の現状 > 本市農林水産業の現状 > 農林水産業の特徴


はじめに

役割

現状

方針

実践プラン

数値目標

地産地消の店募集

佐久を食べよう!

はじめに

1 本市農林水産業の現状

(1)農林水産業の特徴
 本市では、米を主要作物として、果樹、花きなど市内の各地に多様な農産物の産地が形成されています。
 米は、高品質の「五郎兵衛米」や「さくさく米」等が生産され、佐久のブランド米として全国に出荷されています。また、水田にフナや鯉を養殖するなど、昔から低農薬栽培や有機栽培が行われ、安全でおいしいお米も生産されています。
 また、高燥冷涼な気候や豊富な日照等恵まれた自然条件を背景に、はくさい、レタスなどの高原野菜や、りんご、もも、プルーン、ミニトマト、菊、カーネーション等多様な農産物を生産しており、市場から高い評価を得ています。
 水産業については、豊かな清流を生かした鯉、フナ等の養殖が盛んで、特に千曲川の清流で育った「佐久鯉」は、平成20年9月に地域団体商標登録(※2)されるなど全国的な佐久ブランドとなっています。
 また、本市の森林面積は、市域の61.9%を占め、水資源の涵養や国土の保全といった公益的機能を果たすとともに、木材生産や観光資源としての経済機能、森林セラピーなどの保健休養機能や教育機能といった多面的機能をもち、さらにエネルギー資源としての可能性を有する貴重な財産となっています。
 他方、本市では、首都圏直結の高速交通網が整備され、高速交通網の結節都市としての優位性を生かした、収益性の高い新たな農業生産への期待が高まっています。

※2 地域団体商標登録とは
 地域の名称等からなる商標について、一定の範囲で周知されている場合に事業協同組合等の団体による商標の登録を認める制度。「佐久鯉」は食材としては長野県で2例目となります。

・(1) 農林水産業の特徴
-------------------
・(2) 農業生産と耕地面積
-------------------
・(3) 食料自給率
-------------------
・(4) 農産物流通経路
-------------------
・(5) 主な地産地消活動
-------------------


ホーム佐久市農・商・工連携地産地消推進プランとは地産地消推進の店食のカレンダー佐久の農林水産物地産地消推進店募集
ボランティア募集お問い合せ個人情報の取り扱いについて著作権・リンクについてサイトマップ
佐久クラインガルテン望月 佐久物産振興社 おいでなんし!佐久 さくライフ 森林セラピー
佐久市経済部農政課