このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

「市長から伝えたいこと(自殺予防週間)」「ドリームサッカー日本代表OBがやってくるin佐久」「ヒルクライム佐久 2015」その他 (平成27年9月2日)

更新日:2015年10月5日

  • アナウンサー
     
    佐久市民の皆さんに、ラジオ放送を通して今日もいろんな情報を発信していただきたいと思います。まずこの番組の冒頭で、市長から市民の皆さんにどうしても伝えたいことがあるそうですね。
  • 市長
     
    佐久市では8月下旬から小学校、中学校、高等学校もスタートしています。全国的には9月1日が小中学生の自殺が最も多い日となります。佐久市は少し早目に2学期スタートになりますが、全国的には9月1日から2学期がスタートになります。学期のスタートの時に、様々な悩みを持つ子供が自らの命に手をかけてしまうことがあります。9月10日から一週間は自殺予防週間です。周辺にいる方も子どもの変化ということ、ほんの少しの変化がSOSを出していると言われています。どうか自らのお子さんはもちろんですが、近所のお子さんや親戚の子、周りにいる子どもたちに少しの変化があったら気を配ってあげたり、話しかけたり、話を聞いてあげたりしていただきたいと思います。
  • アナウンサー
     
    子供の成長が佐久の未来、日本の未来を支えていきますからね。
  • 市長
     本当にそうです。佐久市でもチャイルドラインが始まっています。利用も非常に活発になっています。またお子さんに限らず、命のホットライン佐久ということで、様々な悩み、人に言えない心の思いをお聴きしたり、傾聴してその悩みの分析をしたり、専門家への紹介をしたり、当然守秘義務を持って行っております。命のホットライン佐久、番号を申し上げます。0120-07-5560。この番号にかけていただくと、女性の保健師の方が電話口に出られまして、非常に丁寧に話をしていただけます。色々な事柄が変化する9月、少し気を配ってご自身の心の健康、あるいは周辺の方々の少しの変化に気付いていきたい、と思います。
  • アナウンサー
     
    子ども達の変化に目を配り、気を配ってほしいというお話ですが、最近政府の発表がありまして、子どもたちの自殺率、夏休み明けが多くなるということです。図書館の司書の方がツイッターで呼びかけていまして、図書館に、もしどうしても学校に行きたくなかったらいらっしゃい、というツイッターも話題になっています。出来ることを自分たちがすることが、子どもたちを守ることにつながって行くかもしれませんね。
  • 市長
     一人ではないですしね。今抱えている問題には、必ず導く道があります。ぜひ、周りにも気を配って行きたいと思います。
  • アナウンサー
     
    周りの人たちに言葉をかける、それが出来なかったらチャイルドラインなどを利用してほしいという市長の言葉でした。佐久市議会も始まりました。いかがでしょうか。
  • 市長
     盛り沢山の事業があります。この9月議会は特徴として、国や県が補助内示を行います。補助をする準備を進めて来ていますが、補助内示という形で、必ず出しますよ、というのを出します。それに対して予定されていた予算計上があります。ちょうど3月議会から半年たったところで、議会とすると3月の本予算に次いで大きな議会となります。昨年度、平成26年度の決算を、議会の皆様に認定いただくこともあります。とても大切な議会がスタートしたところです。
  • アナウンサー
     今回も未来の佐久を作る活発な議論を期待したいと思います。
     それでは今日のトピックスに行きたいと思います。まずは楽しみにされている方も非常に多いと思います。あの名選手の皆さんが佐久にやって来ますね。
  • 市長
     
    去年に引き続いてですが、ドリームサッカーin佐久ということで、日本代表であった、ワールドカップも経験された選手がお出でになります。そして佐久の選抜チームと試合を行います。団長として、かつてブレーメンで活躍されました奥寺さんなどがお出でになります。非常に話題多い、サッカーファンにとっては往年の選手が出られますし、アトラクションとして用意されるものや、抽選会等もあります。入場無料ですので、9月6日の日曜日、ぜひお出でいただきたいと思います。
  • アナウンサー
     
    ドリームサッカー日本代表OBがやってくるin 佐久、こちらが行われるきっかけについて教えてください。
  • 市長
     
    これは、宝くじの収益金で行われている事業です。新佐久市誕生10周年記念事業として幾つかの企画を用意しました。その中において、陸上競技場を使ったものとしては先に行われた山雅vs.パルセイロという信州ダービーがありました。それに続く2つ目の企画になります。宝くじの資金を使いながら入場無料で行っていこう、思い出を作っていただきたいと言う計画で行っています。
  • アナウンサー
     生放送をしている今日は9月2日、「クジの日」。宝くじの日でもあります。
  • 市長
     宝くじの日ですか。
  • アナウンサー
     
    そうなんです。宝くじの社会広報貢献事業として名選手が佐久にやってくる、ということですが、佐久がこれでまた元気になりそうですね。
  • 市長
     そうですね。よく宝くじは地元で購入しましょう、というフレーズが目に入ったりもします。宝くじの主催をされている中で、自治振興で行われていますが、収益の一部が自治体に配分されます。楽しみながら地域活性化が行えるということ、その一つがドリームサッカーでもあります。宝くじの日だそうですので、両方の側面があるということが分かると良いと思いますね。
  • アナウンサー
     9月6日、佐久総合運動公園陸上競技場で行われるドリームサッカーについてお聞きしました。この話題について改めて一言お願いします。
  • 市長
     サッカーの競技人口が非常に多くなっています。その中でかつての日本代表選手が佐久に訪れるというのは、なかなかない機会だと思います。9月6日、試合開始は午後1時30分になります。ぜひ多くの皆様にご来場いただきまして、楽しい一流選手のプレーをご覧いただきたいと思います。
  • アナウンサー
     それぞれの年代の方が思いをもって日本代表を応援した、その応援した選手は各世代で違うと思いますが、それぞれの世代がドキドキする選手が集合します。ドリームマッチ、盛り上がるといいですね。
  • 市長
     大勢の皆さんにお出でいただきたいと思います。
  • アナウンサー
     まずドリームサッカー日本代表がやってくるin佐久についてお聞きしました。そして今日のトピックス2本目です。佐久市では初めての自転車による登坂競技、ヒルクライム佐久が行われると伺っています。こちらについてお願いします。
  • 市長
     これも新佐久市誕生10周年記念として行います。昨年の10月1日から行ってきた10周年記念事業、様々なものがありました。その最後、クロージングイベントとしてヒルクライム佐久を行います。佐久市では初めての自転車登坂競技となります。全長23km、洞源湖から一気に大河原峠、美笹湖を抜けて蓼科山のふもとまで行きます。標高差1350m、大変な標高差がありますが、この競技が行われます。今700名くらいの皆様にご応募いただいているということです。自転車に乗る方が競技される、非常にファッショナブルな自転車競技です。9月下旬に多くの皆さんが佐久に訪れます。どうか地域の方にもご声援をいただきたいな、と思っています。
  • アナウンサー
     自転車で佐久平を走り抜ける23km、本当に選手の皆さんも気持ちよさそうですね。
  • 市長
     今回は日本サイクリング協会の皆様の公認で行われます。全国からお出でになりますし、その中での魅力の一つとして、中村さんお話の景観という部分ですね、気持ち良い部分だと思います。ヒルクライムでかなり登り続けますので、過酷なレースではありますけれども、快適な空気やあるいは景色などをご覧いただきたいですね。
  • アナウンサー
     初めての開催ということですから、沿道の皆さんの声援も選手の皆さんの力になりますからね。
  • 市長
     先日市役所に訪問いただいた皆さんで、日本トライアスロン連合ということで、トライアスロンのナショナルチーム、オリンピックチームの皆さんが今、佐久市で合宿をしています。前半は佐久市、その後は佐久穂町で行います。上田藍選手ですね、北京、ロンドンのオリンピックアスリートでいらっしゃいますが、アジア大会では金メダルを獲得されています。その他に加藤友里恵選手、佐藤千佳選手といったトップアスリートが来て、自転車とランニングとスイミングといった形の非常に過酷なトレーニングを行います。彼女たちが言うには、トレーニングするには、コンディションの整った佐久だ、ということです。このヒルクライムもあわせて、今までとは違った、少し新しい自転車競技などが佐久市に根付いていけば良いな、と思います。
  • アナウンサー
     トップアスリートも認める佐久平、目いっぱい走り抜けていただきたいです。参加者、選手の皆さんはもちろんですが、気持ちと体を盛り上げるおもてなしなども用意されているみたいですね。
  • 市長
     前夜祭といった形になりましょうか、前日も佐久の味覚を味わっていただくとか、受付が前日になりますので、滞在される方が多くいらっしゃいます。佐久を満喫していただけたら嬉しいな、と思います。
  • アナウンサー
     ぜひたくさんの皆さんに沿道で声をかけていただきたいと思います。ヒルクライム佐久・2015は、9月20日開催です。皆さん、ぜひ選手の皆さんを応援して下さい。
  • 市長
     お願いします。
  • アナウンサー
     最後になりますが、本日トピックス3本目。市長は野沢北高校の卒業生で、油井亀美也さんも今宇宙で大活躍しています。佐久広域連合が星空案内人の養成講座を行いますね。
  • 市長
     これは9月4日から始まります。星のソムリエという、非常にネーミングとしても良いと思いますが、全国的に展開されている一つの運動です。その中広域連合が主催しまして、星の案内人、星のソムリエを養成していこうということです。実は去年からスタートしていまして、準ソムリエの皆さんが誕生しています。そして今回の講座によって正規の案内人、水準があがります。そんな皆さんの講座が始まります。
  • アナウンサー
     市長は佐久の星空に並々ならぬ思いがあると伺っていますが、いかがですか。
  • 市長
     聞けば聞くほど、という感じがします。宇宙観測のパラボラアンテナもありますし、スタードームもあります。子ども未来館のプラネタリウムもあります。この美しさというものが、暮らしていく中においても非常に豊かなことだと思います。星空を見る時間というのは暮らしをしていく中においては少し、ゆっくりできる良い時間だと思います。観測できる佐久市は非常に強みの部分だと思います。
  • アナウンサー
     佐久の星空、佐久の皆さんはもちろんですが、全国各地の方が佐久に来ていただいて星空を見上げていただきたいですね。
  • 市長
     観測するのに良い、晴天率が高いということも大切なことです。とてもふさわしい所だと思います。野辺山の観測所もありますが、やはり佐久地域全体が星空観測には適地であると言えると思います。
  • アナウンサー
     今本当に油井さんも活躍されています。野沢北高校ということで市長もやはり、特別な思いはありますか。
  • 市長
     私は学年が油井さんの1つ下となります。しかしながら油井さんが応援団だったんですね。私も応援団であったので、その引継ぎの時にお話をした記憶があります。その後宇宙飛行士になられるということで、大変多くの皆さんが誇りに思っているところです。油井さんが今宇宙にいて、宇宙からツイッターを発信するというこれまでになかった試みだと思います。その瞬間で声が感じられるというのは凄いことだと思います。今の活動中においても、佐久でもイベントを、子ども未来館で無線により行うことは決まっていますが、その他にも計画はあります。宇宙での活動はすごくタイトです。今回は出発も遅れました。その意味で、出来ること、宇宙でやっていくことが少し短縮されたり割愛されたりしているので、間もなく発表できると思いますが、無線での交信に加えてのイベントもご報告できると思います。
  • アナウンサー
     
    環境が整ったら、ということですね。皆さん楽しみに待ちましょう。最後になりますが、お聴きの皆さんに一言お願いします。
  • 市長
     新佐久市誕生10周年記念事業も今月、9月をもって終了いたします。9月6日のドリームサッカー、9月20日のヒルクライムもあります。その他にも幾つもの事業があります。この10周年というのは、佐久市、臼田町、浅科村、望月町と4市町村が一緒になって、一体感を目指して来ました。一体感を目指してきた新佐久市が、一体感を得ることのできるようになった10年目だと思います。次の10年に向かって、この佐久市10万人のまちづくりを進めていきます。様々な挑戦をして行こうと思います。それぞれの地域にある特徴を活かして、前に可能性を実現していく、そんな10年にしたいと思っています。その意味でも今月を最後とする10周年記念事業に、ぜひ皆さんにもご参加いただいて、お楽しみいただいて、未来を感じる佐久市にして行きたいと思います。
  • アナウンサー
     力強い言葉をありがとうございました。
  • 市長
     ありがとうございました。

お問い合わせ

企画部 広報情報課
電話:0267-62-3075
ファクス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成27年度放送分

施設案内

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら