このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

「うすだ健康館オープンについて」「特定健康診査について」その他(平成28年10月17日)

更新日:2017年3月28日

  • アナウンサー

 「佐久市からのお知らせ」この時間は、佐久市の提供でお送りします。
 今日この時間は、栁田市長です。よろしくお願い致します。

  • 市長

 どうぞよろしくお願い致します。

  • アナウンサー

 昨日は、佐久のイベントで言うとLa Festa Mille Miglia(ラ・フェスタ ミッレミリア)や佐久市ハーフマラソン大会と盛り沢山でしたが。

  • 市長

 そうですね。
 ハーフマラソンには、旬なゲストとして猫ひろしさんにおいで頂いて、大変楽しかったと思います。

  • アナウンサー

 楽しかったです。走っていても、「にゃーっ。」と言ってもらうだけで元気が出ました。
 猫ひろしさん、嶋原さんと一緒に走れて本当に嬉しかったです。

  • 市長

 嶋原さんのお気遣いは随所にわたりますね。

  • アナウンサー

 猫ひろしさんのコメントの中で、「栁田市長の人柄に触れて、本当に優しい気持ちになりました。」とありましたけれど。

  • 市長

 そうですね。カンボジア国籍に変えられてのオリンピック出場ということでありましたが、4年前は、少し難しい状況もあって出場が叶わず、4年越しだったわけですよね。カンボジアのオリンピック出場選手は何人いると思いますか?今回の大会で言うと、6人だそうです。

  • アナウンサー

 そうなんですか。

  • 市長

 カンボジアの中でたった6人でありますので、全ての競技が中継され、かなり有名ということであります。猫さんを紹介する放送も、結構あったようです。
 素晴らしいお人柄で、非常に魅力を感じる方で、今後もおつきあいをしていきたい方だと思いました。

  • アナウンサー

 栁田市長を軸に、いろいろな方とのネットワークが広がっていますけれど。

  • 市長

 楽しいですね。

  • アナウンサー

 1人1人の方と繋がって、みんなで盛り上がっていけるといいですね。
 それでは、今日のメインテーマから伺っていきたいと思います。
 佐久市臼田健康活動サポートセンター「うすだ健康館」がオープン。これについてお願いします。

  • 市長

 「佐久市というのは、とても健康な場所で、高齢者の方も非常に活発に動く。」と言われたことがあります。高齢者の皆さんの社交の場と言うのは、毎朝行って仲間と話をしながらプレーをするマレットゴルフもそのような場だと思いますが、病院もある意味で言うと社交の場だと言います。どこか具合が悪くて病院に行くけれども、知り合いの方と会い「どんな薬を飲んでいる。」「お孫さん、息子さんはどうした。」というようなお話しをしたりします。より健全に行っていく為には、健康院というものを造ってもらいたいという話がありました。健康な高齢者が大勢いる中で、そういう人が集えるような健康院が欲しいとのことです。世界最高の健康都市の中枢を担う臼田という場所において、佐久総合病院の向かい側に建設を致しました。ご利用の仕方としては、いろいろな使い方を自由な発想で行って頂ければいいと思うのですが、主としては、まちかど健康相談室です。指定管理者は、うすだ美図の皆さんと、佐久総合病院の皆さんが一緒に行います。健康相談をしたり、健康カフェといったものがあります。イベント会場や地域包括支援センターが入り、人の往来が増え、イベントなども、ここを中心に行えるような施設になってくると思います。

  • アナウンサー

 私には小さな子供がいるので、特に注目するのは、「つどいの広場」ですね。

  • 市長

 ここの「つどいの広場」は、特に夏場がとても良いです。
 お入り頂くと、屋内で遊べる場と、ベランダのようになっている場所があります。ベランダには日差しがそのまま入るのをカーテンで少し遮る形です。夏は、プールができます。そんなに大きくはありませんが、育児、子育て相談も有り、お子さんを安心して遊ばせることのできるスペースです。「つどいの広場」は、人気のスペースになるのではないかと思います。

  • アナウンサー

 臼田地区では、初めての未就学児と親子の触れ合いの場とのことです。

  • 市長

 そうなんです。「つどいの広場」は大変人気がありまして、サングリモで行ったり、イオンさんで行ったりとそれぞれの地域で行っています。基本的に親子で訪れて遊び、子育て相談もできる場所です。非常に人気の場所になると思っています。運動ルームもありまして、エアロバイクやルームランナーなど、市民であれば年齢関係なく、2時間100円でご利用いただけます。健康維持のためにも良いと思います。

  • アナウンサー

 本当にいいですね。私も利用したいと思います。先程の市長のお話に「健康院を造って欲しい。」という話があったとのことですけれど、まさに、集いの場になりますね。

  • 市長

 そうですね。ソーシャルキャピタルということを言われますが、健康を維持するには、当然健康管理や生活習慣病にならない為の塩分コントロールなどが必要になりますが、例えば、曇った気持ちの時に、気の合った仲間と笑顔でお話しをしたり、懐かしい人から電話があったり、あるいは、親子の言葉の掛け合いという様なことで気持ちが晴れるという事もありますよね。「ソーシャルキャピタル」は人と人との繋がりですが、この場で、より心の健康というものを維持していって頂きたいと思います。佐久総合病院地域ケア課医長の小松先生も開会の時におっしゃっていましたが、体に一番良くないのは孤独です。孤独にならない為の場所と時間というものを、行政が提供していくことも大切ではないかと思います。

  • アナウンサー

 うすだ健康館に行けば誰かがいて、そこで生まれる会話から日々の元気をもらえるというのは、良いことですね。

  • 市長

 そういうことだと思います。子育てで本当に疲れてしまったお母さんがたどり着くということもあるそうです。専門の保育士さん、看護師さんがいらっしゃいますので、安心して子育ての相談・お問い合わせをしていただきたいと思っています。

  • アナウンサー

 うすだ健康館は、開館時間が午前9時から午後7時、休館日は、毎週火曜日、祝日、12月29日から翌年1月3日です。つどいの広場などは休みが違うところもありますので、一度問い合わせして頂きたいと思います。電話番号は、81-5541です。

  • 市長

 うすだ健康館のつどいの広場は、毎週月・水・木・金曜日の午前9時から午後2時が基本になりますので、お問い合わせして、ご利用頂きたいと思います。

  • アナウンサー

 この時間は、「うすだ健康館」についてお話しを伺いました。
 続いては、健康長寿の佐久市ですが、全国的な話題「特定健康診査を受けましょう。」こちらについてはいかがでしょう。

  • 市長

 特定健診につきましては、生活習慣病をコントロールして行く為にも、定期的に健診を受けることが必要でありますが、佐久市は受診率があまり良くありません。今年度から40歳、45歳、50歳、55歳、60歳の方に対して、無料化を実施しています。平成28年度の受診状況は、受診者が100名程度増加という効果がありました。メタボリックシンドロームを意識しながらの健診ですので、是非健診を受けて頂きたいと思います。
 各種健診について、自分が当てはまるのかどうかなどご不明な点は、健康づくり推進課、62-3196へお問合せ頂ければ、個別のご相談をさせて頂きたいと思います。

  • アナウンサー

 細かいデータを頂いていますのでご紹介させていただきます。
 現在、佐久市の40歳から74歳の国民健康保険加入者の特定健診受診率ですが、39.3%。これは平成27年度9月末までの暫定特定健診受診率ですが、長野県の平均は、45.4%です。
 佐久市の受診率が低いということですかね。

  • 市長

 そうです。

  • アナウンサー

 受診率は上がっていますが、現在も6割の方が健診未受診で、他の市と比較すると受診率は低く、19市中下から6番目ということです。
 資料を頂いて考えてみたのですが、佐久市は健康長寿で健康に自信のある方が多い。

  • 市長

 そういう指摘も結構あります。ただ、過信になるといけないですね。

  • アナウンサー

 将来のことを考えると、健診の受診率がどんどん増えていくといいですね。

  • 市長

 特定健診も新しい保健もそうですが、20年後、30年後も健康長寿のまちであり続ける為には、お子さんや30歳代、40歳代の方へのアプローチが必要だと思います。健康への意識をそれぞれが持つべきだと思います。

  • アナウンサー

 皆さん是非、特定健康診査も受けて頂きたいと思います。

  • 市長

 お話し頂いた受診率は、基本的に国民健康保険の方の数字です。社会保険の方や違う保険の方々を含めた数字は、なかなか捉えられませんが、傾向としては充分注意していかなければならない数字だと思いますので、積極的な展開をしていきたいと思います。

  • アナウンサー

 お問い合わせは、健康づくり推進課、0267-62-3196になります。
 最後の話題です。市長もスポーツ大好きですけれども、第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会が佐久で行われます。

  • 市長

 今年も、陰に陽に誘致をして参りましてけれども、10月29日、30日に開催が決定いたしました。4試合が決定していまして、29日は午前11時から日テレ・ベレーザ、午後2時からAC長野パルセイロ・レディースの試合になります。

  • アナウンサー

 佐久市がホームですからね。

  • 市長

 そうですね。29日午後2時から長野パルセイロ・レディースの試合ということですので、是非おいで頂きたいと思います。翌日30日の午前11時からベガルタ仙台レディース、午後2時から浦和レッズレディースとなっております。浦和レッズレディースとベガルタ仙台レディースは、ともになでしこリーグ1部ということで、楽しみにしています。

  • アナウンサー

 国内で最も権威のある女子のサッカー大会が佐久総合運動公園陸上競技場で行われるということです。昨日、久し振りに行ってみましたが、本当に素晴らしい施設です。たくさんの皆さんに応援して頂きたいと思います。

  • 市長

 そうですね。芝の管理に関しては、非常に丁寧にやって頂いております。例えば、パルセイロがホームでやっていましたが、サッカーの場合、ホームであるチームが芝の長さを決めることができ、芝の刈るタイミングや水を撒く量、時間もホームのチームが決めることができるそうです。自分達のコンディションやチームの特徴を生かして、芝をつくるためのリクエストに答える競技場ということで評価を頂いています。
 すばらしいゲームをご覧頂きたいと思います。

  • アナウンサー

 10月29日、30日、佐久総合運動公園陸上競技場へ集まって下さい。
 最後になりますが、市長、一言お願いします。

  • 市長

 10月も半ばを過ぎまして、少し寒さも気になるところですが、秋を満喫する季節でもあります。様々なイベントが行われます。特に11月5日には、新海誠さんが佐久市においでになり、今話題の「君の名は。」について講演予定ということで楽しみにしています。
 様々なイベントがありますけれども、是非お友達、ご家族と一緒にご参加頂きたいと思います。

  • アナウンサー

 「佐久市からのお知らせ」今日は、栁田清二佐久市長でした。
 ありがとうございました。
市長
 ありがとうございました。
 

お問い合わせ

企画部 広報情報課
電話:0267-62-3075
ファクス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成28年度放送分

施設案内

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら