このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

「夏のイベント情報について」(8月9日)

更新日:2017年10月10日

  • アナウンサー

 今日は「長崎原爆の日」ということで、まずこちらの話題からお話しいただきたいと思います。

  • 市長

 8月6日「広島原爆の日」、そして9日「長崎原爆の日」ということで、平和を願う日、平和を考える日だと思います。
 今日ご紹介したいのは、油井一二(ゆいいちじ)さんのご寄付をきっかけに整備された佐久市近代美術館の中で代表的な「仏教伝来(ぶっきょうでんらい)」という作品です。これは平山郁夫(ひらやまいくお)先生の代表作であり、出世作といわれています。
 平山先生ご自身広島で被爆をされていらっしゃるのですが、原爆症で大変に苦しむ中、青森県の奥入瀬渓谷(おいらせけいこく)に芸大の学生を連れて合宿に入りました。平山先生には広島の街を描いた作品もありますが、そのような形とは違う方法で「仏教伝来」という三蔵法師が天竺から教典を持ち帰るという構図を、その時に構想として完成させたということです。
 今日は「長崎原爆の日」であります。平和を思い深める中で、この夏ぜひ近代美術館にも足を運んでいただきたいと思いますし、原爆投下の11時2分に黙祷を捧げたいと思います。

  • アナウンサー

 今日は「長崎原爆の日」ということで、まずはこの話題からお話しをいただきました。

  • 市長

 今は超高齢社会であります。天寿を全うするということは、経済的な豊かさも必要だと思いますし、日本が72年間戦火にまみえることなく平和であったために手にすることができたということにもなると思います。そういう意味では、天寿を全うできる時代や国というのは大変に限られていると思います。今の時代を作り上げて来ていただいた72年間の先人に感謝を申し上げたいと思います。

  • アナウンサー

 今日は、子ども達に向けていろいろ楽しい話題をお送りしていきたいと思います。
 夏休みの自由研究が決まっていないというお子さんに、ぜひ足を運んでいただきたいと思います。

  • 市長

 まず、子ども未来館の愛称が、公募により「sakumo(サクモ)」と決定しました。
 過日、子ども未来館名誉館長の油井亀美也さんのお父様より、油井宇宙飛行士が少年時代に使った天体望遠鏡一式をご寄贈いただきました。8月11日から9月3日の間は、天体望遠鏡と一緒に油井さんが実際に宇宙ステーションで着用したブルースーツもお借りし、展示しております。このような服を身に着けていたということがわかり、大人にも大変興味深いものだと思いますので、ぜひ足を運んでいただきたいと思います。
 また、8月11日から13日まで、「冷たいカチンコチンショー」というイベントもあります。これは、液体窒素とドライアイスを使って物を凍らせるもので、自由研究の題材になると思います。「バナナで釘を打つ」とか、「一瞬でバラが凍りバラバラになる」など、あのような世界が目の前で起きるという体験も貴重なものだと思います。安全を確保した上で行いますので、ぜひこの興味深いイベントにご参加いただきたいと思います。

  • アナウンサー

 佐久市子ども未来館の愛称は「sakumo(サクモ)」になりました。
 今日は、夏休みの自由研究がまだ決まっていないお子さんにおすすめの、いろいろなイベント情報を紹介しています。

  • 市長

 子ども未来館の天体望遠鏡も、科学実験も8月11日ですが、もうひとつ11日のお話しをします。
 少し前まで建設部がありました佐久市総合体育館横の事務所が、文化財事務所になりました。そこで、「佐久市のお宝展&子どもも大人も考古学教室」が開催され、勾玉づくりや土器の接合体験ができます。また、考古学ではありませんが、プラモデルの展示も11日、12日に開催されますので、興味がある人はぜひ訪れていただきたいと思います。

  • アナウンサー

 ただ本を読んで、「縄文時代や弥生時代は難しいな」と思う人は、土器接合体験などにより身近に感じられるかもしれません。

  • 市長

 縄文式土器はどういうものか、弥生式土器がどういうものかということを明確に感じ取ることができると思いますし、良いきっかけだと思います。
 もうひとつ、星座や宇宙に関心のある方に、「ぺルセウス座流星群観望会」が8月12日土曜日の午後9時から12時にうすだスタードームで開催されます。最も流れ星が見える夏の天体ショーだと思います。職員の坪根さんはたくさんの知識をお持ちで、何を聞いても即座に答えてくださいます。こちらは有料となっており、大人500円、小中学生250円ということです。ぜひお越しいただきたいと思います。
 また、8月12日、土曜日の朝7時から9時まで市民交流広場で熱気球体験を行います。
 佐久市はバルーンのまちです。この佐久を故郷とする方、帰省をした従兄弟の子、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんと一緒に、また、軽井沢を含め観光においでいただいている方に、朝7時から9時というと大変清々しい時間に、熱気球体験を楽しんでいただきたいと思います。12日の午前7時から9時の間、市民交流広場にて大人1,000円、子ども500円、未就学児は無料でございます。

  • アナウンサー

 星もそうですし、熱気球がどうやって空に浮かぶのかも研究対象になりますね。

  • 市長

 佐久市は、ファミリーや子どもに関してのイベントや、サービス内容の層が非常に厚いです。
 最後に、近代美術館で開催される「ディック・ブルーナに学ぶモダンアートの楽しみ方」という企画展です。なかなか学術的な名前が付いていますが、ミッフィーちゃんに関する展示です。
 ミッフィーちゃんの作者「ディック・ブルーナ氏」の作品を紹介しているのですが、拝見してみますと、ミッフィーのキャラクターだけではなく、日本でいうと文庫本をもう少し長くしたぐらいのペーパーバックの表紙をたくさん描いています。時代の変遷により作品が変わっていくのですが、非常に興味深い内容です。そういうクリエーターとしての技術を持っていながらミッフィーちゃんに形づくられていくというのは非常に興味深いですし、ミッフィーちゃんに対して愛情が深まる、そういう展覧会です。

  • アナウンサー

 世界中に愛されているキャラクター、ミッフィーをより深く知ることができる企画展を佐久市でやっているということが素晴らしいですね。

  • 市長

 モダンアートとはこういうものだという、年代層を問わず、お子さんはお子さんなりに、大人は大人なりの楽しみ方ができる、そんな特別企画展でございます。

  • アナウンサー

 ディック・ブルーナのことを調べても夏休みの研究になってしまうかもしれないですね。
 この時間は栁田市長が、夏休みの自由研究が決まってないという人に、ぜひ参考にしてほしいイベント情報をまとめてお届けいたしました。
 市長、残りわずかになりましたが、夏祭り情報を踏まえてひと言お願いします。

  • 市長

 夏祭りにつきましては、8月14日「浅科どんどん祭り」、8月15日には「千曲川大花火大会」、これは野沢と中込の間で行われます。そして8月15日「榊祭り」、それぞれ素晴らしい楽しい思い出が作れる場所です。例えば隅田川花火大会は大変立派な日本を代表する花火大会ですが、私は浅科の花火も、千曲川、野沢の花火大会も、間近で見る臨場感、迫力は、勝るとも劣らない素晴らしいものだと思います。榊祭りには、合併してから参加させていただくことになりましたが、本当に祭りらしい祭りで、若い皆さんが極限状態まで榊神輿をあおるなど、見応えのあるお祭りだと思いますので、ぜひ足を運んでいただきたいと思います。

  • アナウンサー

 今日は、お子さんの自由研究が決まっていない方のために、市長から楽しいイベントの紹介をしていただいたわけですが、結果的には佐久市の夏の魅力というものを感じることができる時間になりました。
 市長、本当にありがとうございました。

  • 市長

 ありがとうございました。

お問い合わせ

企画部 広報情報課
電話:0267-62-3075
ファクス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら