このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

「市民交流ひろばにタイガーマスク自販機設置・佐久市学校給食応援団・その他」  (平成26年5月1日放送)

更新日:2015年2月2日

  • アナウンサー
     
    今日は、まず始めに気になるニュースが入ってきています。佐久市内で警察官、および日本銀行の職員を語った特殊詐欺被害事件で、実際に被害が発生してしまいました。こちらからお伝えします。
     佐久警察署は昨夜、佐久市内の60歳代の女性が、警察を語るナカジマという男、あるいは日本銀行を語る職員から電話があり、「犯人を捕まえたら、あなたの通帳を持っていた。すぐに預金を下ろさないと大変なことになる。」こういった電話がかかってきて、この電話を信用した女性は、日本銀行の職員を語り自宅を訪れた男性に、ご自身の定期預金を解約し、700万円を手渡してしまったということなのです。警察では、現金を下ろした方が良いと勧めることは絶対にありません。あるいは、金融機関職員を名乗る者であっても、見知らぬ者には絶対に現金を渡さない。電話で現金の支払いなどを要求された場合はすぐに支払うことなく、家族や警察などに相談してほしいとしております。
     今後、こういった種の電話は、これからも連続発生することが予想されております。この放送をお聞きの方は、十分に注意してください。現在、佐久市内で、警察官および日本銀行の職員を語った不審な電話が発生しています。実際に、昨夜は、佐久市内でも60代の女性の方が、自身の定期預金700万円を解約し、男に渡してしまったという実被害が出ておりました。皆さん、十分に注意してください。
     ここからは、佐久市内の情勢などをお伝えします。5月に入りました。佐久市内でもイベントなど、盛り沢山行われます。まずは、皆さんに、連休中のイベントのバルーンフェスティバルと佐久鯉まつりを楽しみにしてもらいたいですね。
  • 市長
     
    そうですね。このゴールデンウィーク中においては、県下最大のイベントとなります佐久バルーンフェスティバル2014が、5月3日、4日、5日に行われます。佐久鯉まつりは、昨年から千曲川スポーツ交流広場に場所を移しまして開催しております。大勢の皆さんにお出でいただきたいと思いますし、今年も趣向を凝らして、3日間、楽しい思い出作りをしていただきたいと企画しております。
  • アナウンサー
     
    バルーンフェスティバルと佐久鯉まつりは、連休期間中は県内でも最大級の動員を誇るイベントに成長しました。連休期間中は30万人から40万人のお客様が佐久市へ訪れる。これは経済効果やいろいろな流れも期待できる楽しみな季節になりましたね。
  • 市長
     
    今年は、花が咲くのも一斉に咲いたという感じがして、一気に春が進んだ感じがします。ゴールデンウィークの好天を期待したいと思いますし、多くの市民の皆さんに大空に舞うバルーンを見ていただきたいと思います。
  • アナウンサー
     
    今のところ、連休後半の天気も概ね晴れという予報が出ています。今年も楽しい思い出を作ってください。
     今週は、佐久市内でも、いくつか新しい動きがありました。佐久平駅近くにあります市民交流ひろばは、連日たくさんの親子連れでにぎわっている公園です。市民交流ひろばに新たな自動販売機が設置されました。その名が、「タイガーマスク自動販売機」といいます。テレビや新聞などで話題になっておりますが、タイガーマスク自動販売機は、どのような取組みになるのですか。
  • 市長
     
    タイガーマスク自動販売機は、NPO法人タイガーマスク基金で、企画している自動販売機です。ジュースやお茶を買って、ご利用いただいた皆さんの売上の一部が、児童養護施設等の福祉施設に対して支援されます。タイガーマスク基金としては、4年制大学に進学した学生に返済不要の支援金を届けています。児童養護施設においては、虐待を受けたお子さんや何らかの事情によって親と一緒に暮らせないお子さんを支えていこうとしています。タイガーマスク自動販売機を使うことによって、児童養護施設にいるお子さんを支えることができます。この地域では、軽井沢町に軽井沢学園があります。軽井沢学園の約半数が佐久市のお子さんということでございます。市民交流ひろばで楽しい時間をお過ごしいただくわけでございますけれども、お父さん、お母さんと一緒に、あるいはおじいさん、おばあさんと一緒に遊んでいる中において、少し幸せな気持ちのおすそ分けをしていただきたいと思います。児童養護施設にいるお子さんに対して支援をしてもらいたいと思います。長土呂地区在住の皆さんを中心としたNPO法人新道会という団体が、市民交流ひろばの指定管理者をしております。タイガーマスク自動販売機を置くことを決定していただきました。私としては大変嬉しい、ありがたい話だと思います。
  • アナウンサー
     
    取材によりますと、全国の高校3年生の4年制大学等の進学率は、全国平均で53%前後です。それに対しまして、児童養護施設にいるお子さんの4年制大学の進学率は12%台という極めて低い進学率です。経済的なものや様々な事情もあると思います。自動販売機のジュースを飲むことによって、売上の一部が、児童養護施設や様々な福祉施設で、現在生活をしている高校生などの進学の支援にも繋がっていきます。この自動販売機は、アニメ「タイガーマスク」の伊達直人さんにちなんだ「タイガーマスク自動販売機」と題しまして、現在、佐久平駅近くの市民交流ひろばに設置されております。是非、公園を訪れた際には、自動販売機も意識していただければありがたいです。
  • 市長
     遊具の西側の管理棟の建物沿いに、オレンジ色のタイガーマスク自動販売機がありますので、是非ご購入いただきたいと思います。そういった児童養護施設があり、それを支えているのだなということがわかることが大切だと思います。
  • アナウンサー
     皆さんのご協力もよろしくお願いします。
     次の話題ですが、こちらも佐久市内では、新たな動きとなっております。「学校給食応援団」は、始めて聞くという方もいるかもしれません。現在、佐久市では、地産地消の取組みを積極的に推進しております。学校給食応援団は、どういったものになるのですか。
  • 市長
     私は、かねてより農業は基幹産業として支えていきたいと申し上げてきました。農業を大きく2つに分けると、「産業としての農業」と、「暮らしとしての農業」があると思います。今回の学校給食応援団に関しては、「暮らしとしての農業」というところに着目した1つの施策だと考えています。一方で、安心安全な子育て支援として、給食はとても大切なものだと思っております。佐久市は、様々な野菜がとれるにも関わらず、いろいろな事情によって、給食で食べている野菜は必ずしも佐久市で採れたものではありません。
     そういう意味では、近所のおじさん、おばさん、おじいちゃん、おばあちゃんが作ってくれた野菜を給食に出していきます。まずは、8品目、100%を目指して行っていきます。冬場がありますので、野菜の保存ということも課題にあります。できるだけ地域の皆さんの作ってくれた野菜を給食のテーブルに載せていくことで、近所のおじさん、おばさんが作ってくれた野菜だと感じることの喜び、農業者には、やりがいや生きがいを持っていただきたいと思います。学校給食応援団で、作物を作ってくれた方の写真を、全ての小中学校に貼り出します。メッセージを書いてもらいます。どういう想いで、皆さんを支えていますという気持ちを伝えてもらいたいと思います。お子さんには、必ずその気持ちが通じるだろうと思っています。
  • アナウンサー
     
    現在は、浅科、望月地区で始まっております。今後は全市的な取組みも考えていくということです。市内の農林水産物などの利用拡大のために、学校給食へ、地元食材が地元農家から直接納品される体制が、これから学校給食応援団として進めていくということです。農家の皆さんも、自分の作った野菜を子供達においしく楽しく食べてもらえることは、1つの張り合いや生きがいになってきますよね。
  • 市長
     
    やはり農業というのは、野菜を作った方に、ありがとう、おいしかったよと言ってくださることは、お子さんや、ご自身のお孫さんであれば、なおのことだと思います。お子さんにとっても、「このにんじんは、おじいちゃんが作ったはずだ。間違いないのだ。」と思って食べたり、話題にしていくことは、とても良い学校給食だと思います。
  • アナウンサー
     
    学校給食応援団は、佐久市が新たに始めた地産地消の取組みとして、今後も注目です。
     冒頭でも、お伝えしましたが、佐久市内では、警察官、日本銀行を語る不審電話が連続発生しております。昨夜は、市内の60代の女性が700万円をだまし取られてしまう実被害も出ております。「捕まえたら、あなたの通帳を持っていた。すぐに下ろさないと大変なことになる。」このように、様々なだましの手口で迫ってくるということです。皆さん、今後も十分に注意してください。
     今日の放送の中では、佐久市の新たな取組みとして、市民交流ひろばに置いたタイガーマスク自動販売機、地産地消の学校給食応援団を特集してお伝えしました。放送時間も残りわずかになってきましたけれども、いよいよ今日から5月です。様々な動きが始まっていきますけれども、この放送を聞いている大勢の市民の皆さんに、メッセージをお願いします。
  • 市長
     
    今日から5月ということで、春らしい日が続くと思います。連休も始まっていると申し上げても良いと思いますけれども、3日、4日、5日は佐久バルーンフェスティバル2014、そして佐久鯉まつりです。今年は、「銀河連邦ヒーロー」とたけし軍団のイベントが3日の10時半からございます。趣向を凝らした楽しい企画が満載ですので、3日、4日、5日は、どうか会場に足を運んでいただきまして、楽しい時間をお過ごしいただきたいと思います。お待ちしております。
  • アナウンサー
     
    市長も、この連休は忙しくなりそうですね。
  • 市長
     
    そうですね。3、4、5日は、佐久市恒例で、多くの皆さんを佐久にお迎えする日です。モンゴルからのお客様も、お出でになります。たくさんの方をお待ちしております。
  • アナウンサー
     
    ここまでは佐久市からのお知らせをお伝えしました。最新情報を満載でお送りしました。
     今朝のスタジオゲストは、栁田清二市長でした。どうもありがとうございました。
  • 市長
     
    ありがとうございました。

お問い合わせ

企画部 広報情報課
電話:0267-62-3075
ファクス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成26年度放送分

施設案内

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら