このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

地方創生「佐久市プレミアム商品券発行」・「2020東京オリンピック・パラリンピック事前合宿招致へ向けて・その他」(平成27年3月3日)

更新日:2015年4月15日

  • アナウンサー
     
    最初の話題は、佐久市2代目市長として大変な実績を残されました長土呂在住の神津武士さんが今回の閣議決定で叙勲を受章されたというニュースが入ってきました。
  • 市長
     
    先月27日金曜日の閣議決定におきまして、第2代佐久市長の神津武士さんが、旭日小綬章(きょくじつしょうじゅしょう)を受章したという発表がありました。今後、私が叙勲の勲記と勲章を持って伝達に行くことになっております。国において、神津元市長の功績が確定されたということです。佐久市の発展というものを評価されて叙勲ということになりました。
  • アナウンサー
     
    現在も、神津さんは大変お元気で活躍されています。佐久市の地方自治、あるいは大きな分野でも多大な功績を残されました。受章、おめでとうございます。
  • 市長
     
    今使っているクリーンセンターは、廃棄物処理場の場所に関してさまざまな議論があった中、神津さんが中込中央区に建設されました。地域の皆さんの合意形成を取るという形で大変大きな仕事をされたと思います。
  • アナウンサー
     
    次の話題は、地方創生というニュースから考えていきたいと思います。現在は、政府主導で各自治体がそれぞれ工夫を凝らしたアイデアをということでいろいろな自治体が動きをみせています。その中でも注目は、「プレミアム商品券」です。プレミアム感をつけて発売していく商品券です。佐久市でも動きが決まったと聞きました。
  • 市長
     
    決まったというか、この議会に提案をしていくということになります。国が交付金というものを年度内に交付します。速効型、というすぐに経済効果をもたらす分野と、もう一つは「まち・ひと・しごと創生事業」について、平成27年度に総合戦略を各自治体で作っていきます。それの先出しといいますか、そういったものを見据えた事業を補正予算で組みなさいということです。経済効果に対しての速効型として、プレミアム商品券というものを検討しています。
  • アナウンサー
     
    今後、議会の審議を経て動いていくということです。プレミアム商品券の気になってくるのが上乗せ利率です。佐久市としてはどの程度を考えておりますか。
  • 市長
     一定程度の経済効果やインパクトのあるものにしていかなければいけないと思っております。上乗せ利率を10%としますと、10万円のプレミアム商品券を買うと11万円分の商品券となります。20%つくと、10万円のプレミアム商品券を買うと12万円分の商品券が手に入ります。一定程度、ボリューム感のあるプレミアム商品券にしたいと思っておりまして、今、商工団体の皆さんや庁内協議の最終段階の形です。明日から代表質問が始まりますけれども、今議会で案を成案として提出していきたいと思っております。
  • アナウンサー
     
    地方創生、佐久市が発行を考えているプレミアム商品券に関してお伝えしました。
     続いての話題は、2020年の東京オリンピックは各自治体が事前キャンプの候補に名乗りを上げています。佐久市でも動きが出てきていると聞いております。
  • 市長
     
    先頃、「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」という会議体がありますが、合宿を行おうとする自治体に対して事前キャンプ候補地説明会が行われ、佐久市の職員も参加させていただきました。合宿というものに意欲を持って市内施設を活用していきたいと考えております。具体的には陸上競技場は既に完成しております。私どもの悲願として平成27年度に決定を見たいと思います長野県立武道館の誘致があります。陸上や柔道などの競技の合宿地として佐久市を選んでいただくよう働きかけをしていきたいと思います。
  • アナウンサー
     
    東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプ地として、現在、佐久市も候補地として名乗りを上げています。今後、さまざまな審査や調査が出てくると思います。これが決まれば、佐久市としても大きな動きとなります。
  • 市長
     
    組織委員会から要件が示されますけれども、そういったものを満たすことが大事だと思います。加えて、その都市、その町が持つネットワークの中でアプローチをしていきます。私たちが今まで友好関係を積み上げてきた姉妹都市にフランス共和国アバロン市があります。友好都市としてはモンゴル国ウランバートル市スフバートル区やエストニア共和国サク市があります。春には、私がそれぞれの大使館を訪問して、この施設の優位性をご覧いただきたいと思っております。今の予定では、モンゴルやエストニアからゴールデンウィークにお客様がお見えになりますので、そういった機会を通じて現場をご覧いただきたいと思っております。2020年後期という良いタイミングですので、こういったものを活用してやっていくことになります。
  • アナウンサー
     今回は、地方創生に関して、佐久市内でもプレミアム商品券を発売する予定で動いています。2020年東京オリンピック・パラリンピック事前キャンプ地に、今後、佐久市も名乗りをあげていきます。特に、柔道や陸上などを中心に呼び込んでいきたいということです。市長も高校時代は柔道部におりましたので、華麗な一本を決めてもらいたいですね。
     ここで、音楽を聞いていただきたいと思います。これは誰もが知っているゴダイゴの「銀河鉄道999」です。この曲が佐久市と繋がりが出たということを聞きました。
  • 市長
     
    4月9日に開校します佐久平浅間小学校は、長野県では21年ぶりとなる分離新設型小学校となります。この学校の校歌を山川啓介(やまかわ けいすけ)さんとタケカワユキヒデさんにお願いしました。「銀河鉄道999」を作ったコンビということです。思いを持って作っていただきました。先頃、岩村田小学校で歌唱指導をしていただいて、分離式、入学式に備えた校歌の練習をしております。私たちの世代にしてみると、木曜日、夜7時の「銀河鉄道999」を一生懸命見ておりました。流れている曲は、映画版の曲です。児童の皆さんもそうであって欲しいと思いますが、お父さん、お母さん世代においては、スポッと入る曲ですし、作詞、作曲をされた先生方だと思います。
  • アナウンサー
     
    少し曲を聞いてみましょうか。
     この時間は、ゴダイゴの「銀河鉄道999」をお聞きいただきました。この曲のように、佐久平浅間小学校もこれから未来に向けて走り抜けてもらいたいですね。
  • 市長
     
    非常に夢が広がる歌詞になっています。佐久平浅間小学校の皆さんの未来に向かって、校歌を作るということはとても大切なことです。その地域の皆さんや先生方、歌を作った方もそうですが、子供達の思いや愛情の深さが歌に込められる気がします。
  • アナウンサー
     いよいよ4月に開校します。長野県内では21年ぶりとなる分離新設型小学校となります佐久平浅間小学校の校歌をゴダイゴのタケカワユキヒデさんと佐久市にもゆかりがある山川啓介さんのコンビが作ったことで非常に話題になりました。
     まず、冒頭部分では、佐久市の2代目市長でもあります神津武士さんが叙勲、旭日小綬章を受章されました。そして佐久市が進めている地方創生、中でもこの春以降発売予定があるプレミアム商品券に関しての今後の動きを紹介しました。2020年東京オリンピック・パラリンピック事前キャンプ候補地として柔道や陸上競技などを中心に、ぜひ合宿地として呼び込みたいという動きを紹介しました。
     放送時間が残りわずかとなりました。今日は、3月3日、ひな祭りになります。来月は4月となります。平成27年度も佐久市においては非常に動きがある年度となります。改めて、4月以降の市政運営に関して教えてください。
  • 市長
     やはり、年度末、年度初めというものは切り替えの時期であったり物事がスタートします。新幹線の金沢延伸があり、新しい小学校ができます。そして消防機能も充実してきます。それぞれの事業が前に進んでいこうとしております。時を同じくして、国において地方創生という、これまでにない迫力で大きな旗が振られています。この流れをアドバンテージ(有利)にしながら佐久市の発展というものを前に進めていくことが私たちに求められた使命だと思います。そんな春になれば良いなと思います。
  • アナウンサー
     この放送を聞いている大勢の市民の皆さんにおいて、名実共に実り大きな春となりますように。
     この時間は、栁田清二市長にお話を伺いました。どうもありがとうございました。
  • 市長
     ありがとうございました。

お問い合わせ

企画部 広報情報課
電話:0267-62-3075
ファクス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成26年度放送分

施設案内

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら