このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

「佐久市農業祭2016”地産地消フェア”」、「友好都市物産と観光展」及び「佐久広域食肉流通センター祭 大お肉祭り」を開催しました

更新日:2016年11月21日

経済部長の桜井です。

11月12日(土曜)に同時開催した「佐久市農業祭2016”地産地消フェア”」、「友好都市物産と観光展」及び「佐久広域食肉流通センター祭 大お肉祭り」について、その様子をご紹介します。

開会式の様子
開会式の様子

会場の様子 完売続出の野菜等販売コーナー

当日は天気にも恵まれ、メインの農産物等の販売ブースでは、野菜高騰の影響もあり白菜やキャベツなどが売り上げを伸ばし、追加搬入してもすぐに完売するほどの人気でした。

試食コーナーでは行列ができました

佐久鯉を使った料理「佐久鯉の漬け丼」は、薄切りにした生の鯉を出し汁に漬けこんだもので、初めて食べる人も多く、佐久鯉の新しい魅力を知ったとの意見をいただきました。

佐久市産のリーキ、キャベツ等を使ったスープは、野菜の旨みたっぷりの濃厚な味に、家庭でも作ってみたいとの意見を数多くいただきました。

佐久市産米粉を使ったミーセン(中国語で米粉で作った麺のこと)料理の試食では、ミーセンを知らない人も多く、その意外な美味しさに始めて触れ、ご家族に食べさせてあげたいと、販売ブースで購入されていく方も多くいらっしゃいました。

各種イベントコーナー

子供向けイベントサクベジリンピックは「重量当てゲーム」、「触ってみよう」の2競技が行われ、クイズを通して野菜等の知識を学んでもらいました。カリフラワーとブロッコリーの違いに悩む子供達もおり、会場からは盛んに声援が飛び交いました。

トラクターに乗って喜ぶ子供達や農済加入を検討する農業者も見られました。

同時開催 「友好都市物産と観光展」

同時開催イベント「友好都市物産と観光展」では、佐久市と交流のある11市町村に出展いただきました。焼きホタテ、早生みかん、赤いかの塩辛など、普段佐久市では手に入らない海の幸、山の幸が一堂にそろい、市民の人気を集めていました。

同時開催「佐久広域食肉流通センター祭 大お肉祭り」

精肉販売と地元産牛肉と米を使った「ハッシュドビーフ」の試食に、大行列ができました。
寒さを吹き飛ばす温かいハッシュドビーフに大勢の市民が舌鼓を打っていました。

天候に恵まれたこともあり、「佐久市農業祭2016”地産地消フェア"」、「友好都市物産と観光展」、「佐久広域食肉流通センター祭 大お肉祭り」は、約20,000人の方に来場いただき、昨年を大幅に上回る売り上げとなりました。

大勢の市民の皆様にご来場いただき、心より感謝を申し上げます。
 

お問い合わせ

経済部 農政課
電話:0267-62-3203
ファクス:0267-62-2269

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら