このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

オオキンケイギク駆除研修会を実施しました!

更新日:2016年6月14日

環境部長の佐藤治です

平成28年6月11日土曜日に、交流文化館浅科において、オオキンケイギク駆除研修会を実施しました。
本研修会は、平成26年度特定外来生物(植物)実態調査を実施し、その調査結果に基づき、広く市民の皆様に特定外来生物の実態や駆除方法について周知するために開催しました。
講師の株式会社総合環境研究所 竹田正博氏から、外来種とは何か?という基本的事項から、特定外来生物や生態系被害防止外来種の生態まで、また、佐久市内で生育が確認された、アレチウリ、オオキンケイギク、オオハンゴンソウの生態や駆除のポイント等について、ご説明いただきました。

当日は、浅科地区区長さん、各地区衛生委員さん、市民の皆さんと大勢の方々にお集まりいただきました。

オオキンケイギクに関しては、

  • 種子が散布される前(6月~8月)に抜き取る。
  • 多年草であることから、根を残さず抜き取る。
  • すでに種子が出来ている時期に作業する場合は、種子を先に集めてから抜き取り作業をする。
  • 抜き取った株は乾燥させるか、袋に入れ枯死後、焼却する。種子がついている場合は、種子が散乱しないよう注意して可燃ごみとして処理する。

研修会終了後、参加者は4班に分かれ、国道142号線沿いに大繁茂しているオオキンケイギクを約2キロメートルの範囲で抜き取りました。
しかしながら、オオキンケイギクは繁殖力が強く、来年も発芽してしまうおそれがあることから、数年掛けた抜き取り作業が必要であると感じました。

駆除の様子1

駆除の様子2

【市民の皆様へお願い】
確認されたアレチウリ、オオキンケイギク、オオハンゴンソウの特定外来生物は、市内全域の広範囲に分布しており、市民の皆様のご協力をいただけなければ、駆除は、極めて困難な状況です。
各区におきましても、市内一斉清掃や草刈り作業等に合わせ、アレチウリやオオキンケイギクの抜き取り作業をしていただくようご協力をよろしくお願いします。

お問い合わせ

環境部 環境政策課
電話:0267-62-2917
ファクス:0267-62-2289

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら