このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

投票

更新日:2015年2月2日

投票について

投票は、選挙権を実際に行使する大事な機会です。投票に際しては、他人の干渉に左右されることなく、自分自身で判断し投票しなければなりません。

投票は、自ら定められた投票所へ投票時間内に行き、必要な手順を経て投票します。投票は一人一票であり、その内容は他人に絶対わからないように秘密が保持されています。

なお、投票日当日、投票所へ行けない人は次のような投票がありますので、ご利用ください。

期日前投票

投票日当日、仕事や旅行、レジャー、冠婚葬祭等の用務のある方、または病気やケガ、妊娠などの理由で歩行困難な方など一定の事由に該当すると見込まれる方は、期日前投票ができます。

お住まいの地域はもちろん、勤務先、お出かけ先に近い市役所・各支所のどこでも期日前投票ができます。

  • 期日前投票所
    市役所・臼田支所・浅科支所・望月支所
  • 投票期間
    選挙期日の公示日または告示日の翌日から選挙期日の前日まで
  • 投票時間
    午前8時30分から午後8時まで

不在者投票

  • 病気などのために県が指定した病院・施設等に入院、入所していて歩行が困難な方は、その施設内で投票することができます。この場合、早めに施設の係員にお申し出ください。
  • 佐久市の選挙人名簿に登録されていて、投票日当日佐久市以外の市区町村に滞在する場合には、そこの市区町村選挙管理委員会で投票できます。この場合あらかじめ投票用紙を請求する必要がありますので、選挙管理委員会へお問い合わせください。

郵便等による不在者投票

身体に重度の障害があり、投票所へ出かけることができない方を対象に郵便等による不在者投票があります。

対象となる方

  • 身体障害者手帳の交付されている者
    ・両下肢・体幹・移動機能の障害の程度が1級若しくは2級の方
    ・心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸の障害の程度が1級若しくは3級の方
    ・免疫・肝臓の障害の程度が1級から3級までの方
  • 介護保険の被保険者証に要介護状態区分が要介護5である者として記載されている方
    あらかじめ「郵便投票証明書」を交付することになりますので、選挙管理委員会へ申請してください。

郵便等による不在者投票における代理記載制度

郵便等による不在者投票の対象者で、更に身体障害者手帳をお持ちの上肢または視覚の障害の程度が1級の方及び戦傷病者手帳をお持ちの上肢または視覚の障害の程度が特別項症から第2項症までの方で、自ら投票の記載をすることができない方は、あらかじめ選挙管理委員会へ届出をした者(選挙権を有する者)に投票に関する記載をさせることができます。

あらかじめ「郵便投票証明書」の交付申請に加えて、「代理記載人」となるべき者の届出をすることになりますので、選挙管理委員会で手続きをしてください。

代理投票制度

「わたしは字が書けないから投票しない」などと考えて棄権しないでください。身体に障害がある場合(けがをしたとか、手が震えるなどの記載不能な場合も含まれます)や、文字を知らないために候補者の氏名等を自分で書くことができないなど、いろいろな理由で字が書けない方のために、代理投票の制度があります。代筆する人もこれに立ち会う人も投票の秘密を厳守しますので、安心して投票することができます。

点字投票

申し出により点字投票もできますのでご利用ください。

お問い合わせ

選挙管理委員会事務局
電話:0267-62-3502

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら