このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

1:連夜の夜間飛行について

更新日:2015年2月2日

意見:

 昨日・一昨日と連夜にわたって7時半~8時半にかけてジェット機の夜間飛行が行われているようであるが、市としての対応はどうなっているのでしょう。
以前にも何度か同じ時間に飛行があり、今回も信毎情報によると米軍の飛行のようであるが、市としてまたは県としての対応をとり、その結果を公表し、対策をとって欲しい。

2014年4月9日

回答:

 飛行機の飛行についてですが、4月7日(月曜)から9日(水曜)の3日間、午後6時30分~8時00分頃まで、ジェット機のような大きな音が聞こえたとの問い合わせや苦情をいただいています。
 佐久市では、状況を確認するために、長野県を通じて関係機関に照会をしております。回答があり次第、その内容をホームページ(トップページの新着情報及び防災・消防/防犯 内において表示)にてお知らせしていきます。

庶務課
2014年4月15日

意見:

 私の住む区は、昼間は医療センターのヘリコプターが時として、我が家の頭上を飛行し、夜間は米軍機では、今までの静かな環境が失われかねません。
 尚、臼田にヘリポートがあったときは、千曲川の上を飛行することが臼田町と約束されていたと聞いており、私の入院中も千曲川上空を飛行しておりました。医療センターの場合はどうなっているのでしょう。

2014年4月9日

回答:

 佐久医療センターでのドクターヘリの運用につきましては、航空法に基づくヘリポートの設置手続が行われており、その中で、病院敷地への基本的な侵入経路を、東側または北側としているとのことです。
 なお、気象条件等によっては、より安全に侵入するために、南側、西側の上空を旋回する場合もあるとのことです。
 こうしたドクターヘリの基本的な運用につきましては、平成22年7月、中込中央区3区の区長様方の立ち会いのもとで、佐久市と佐久総合病院が締結をした「生活環境保全等に関する協定書」におきまして、以下のとおり記載がされており、3者において確認が行われております。

 「生活環境保全等に関する協定書」 平成22年7月17日締結
 (騒音環境への配慮)
 第3条 乙(佐久総合病院)は、騒音に関する周辺住民の生活環境を保全するため、ドクターヘリ事業の実施にあたっては住民説明会で確認された次の事項を遵守するものとする。
 (1) ドクターヘリの運航は、北及び東を離着陸の基本経路とすること。
 (2) ドクターヘリの運航は、有視界飛行とすること。

 また、上記協定書は、市ホームページでもご覧になれます。

 なお、佐久医療センターと地元地域とが将来にわたり共存を図れるよう「中込中央区の3区」「佐久医療センター」「佐久市」の3者において、定期的に調整会議を開催しておりますので、お気付きの点がございましたら、区長さんや医療センター、または、市担当課までご連絡をください。

健康づくり推進課 地域医療係
2014年4月9日

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

企画部 広報情報課
電話:0267-62-3075
ファクス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成26年度に寄せられた意見・提言

施設案内

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら