このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

34:福祉医療費(児童)支給について

更新日:2015年3月2日

意見:

先日、福祉医療費支給に関して、次のような内容の通知が届きました。
標記の件について、○○○○様の(子供の名前)平26.11診療分の福祉医療費の支給に伴い、加入されている健康保険組合からの高額療養費の支給状況を確認させていただきます。(一部省略しました)
・確認させていただいている理由
○○○○様の平26.11の○○○○○(医療機関名)での医療費の自己負担額が21,000円を超えています。
○○○○様と同じ保険証をお使いのご家族の方が平26.11に医療費の自己負担分として※21,000円以上お支払されていると、高額医療費が支給される制度があります。
このような場合、加入されている健康保険組合等へ申請する事により、該当する金額が高額医療費として後日支給されます。
市では福祉医療費と高額医療費が二重に支給されないように高額医療費等を確認し、福祉医療費の支給を決定しています。
ご協力をお願いします。
不明な点があった為、国保医療課にお聞きしたところ、「健康保険組合への申請、高額医療費の支給が最優先であり、支給されなかった時に福祉医療費が支給されるので、健康保険組合への申請をして下さい」と回答されました。
恥ずかしながら、頂いた文面からはお答え頂いた内容まで読み取る事ができませんでした。
理解できなかった自分が、おかしいのでしょうか?
また、中学卒業までは無条件に掛かった医療費が還元されるものと思っていました。
(受給者証の裏に高額医療について記載されていた事を、今回の事があり初めて知りました)
同じような誤解をしている方もいるのでは・・・と思います。
・健康保険組合への高額医療の申請が先であり、支給の有無により福祉医療費の支給が決まるという一文も必要かと思います。
是非検討をお願いします。

2015年2月18日

回答:

福祉医療費制度をはじめ、市行政につきましては、日頃より御理解、御協力をいただきありがとうございます。
2月18日にメールをいただきました「福祉医療費支給に伴う高額療養費(世帯合算)の確認について(照会)」の通知文ですが、ご指摘のとおり、通知の文書は、高額療養費と福祉医療費を二重に支給しないようにしていることについては記載していますが、どちらが先に支給され、どのように調整されるかを記載していません。
わかりやすい通知となるよう、高額療養費を差し引いた額が、福祉医療費の支給額になることが分かる、図を入れた説明(添付ファイル)を裏面に印刷することにいたしました。
今後発送する皆さまには、添付ファイルにより具体的な説明をさせていただきます。
添付ファイルをご覧いただき、不明な点がありましたら、可能な範囲で修正いたしますので御連絡いただければと思います。
お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

国保医療課医療給付係
2015年2月27日

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

企画部 広報情報課
電話:0267-62-3075
ファクス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成26年度に寄せられた意見・提言

施設案内

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら