このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

ごみの収集について

更新日:2016年10月5日

意見:

小生今年3月に静岡市から移住してきました。先日容プラのゴミを出したところ、収集されずに残っていました。確認するとペットボトルが入っているためとの事。確かにうっかり醤油のペットボトルを1本だけ入れてしまっておりました。しかしながらペットボトルもプラではないのでしょうか。40キロ制限の道路を41キロで走って警察は1キロオーバーで捕まえるでしょうか。規則は認めますが、ある程度の許容範囲を持って臨機応変に対応するのが「市民ファースト」の行政ではないのでしょうか。規則一点張りの事をやっているから「お役所仕事」と言われるのではないのでしょうか。今回の件で静岡に帰りたくなりました。移住促進するなら移住者いじめはやめた方が良いと思います。静岡市のごみ行政は大変進んでいますので、視察団を派遣して勉強してきてみたらいかがでしょうか。以上

回答:

日頃より、佐久市の廃棄物行政にご理解ご協力を賜わり、厚く御礼申し上げます。
お問い合わせの件につきまして、お答えします。
ペットボトルは、ご指摘のとおりプラスチックの一種ではございますが、容器包装リサイクル法にて、「飲料用・醤油用のペットボトル」と「容器包装プラスチック(ペットボトル以外)」を別々に集めることとなっていることから、当市の分別もこれに従っております。
市で集めた「容器包装プラスチック」は、手選別・圧縮・梱包という過程を経てリサイクル施設に運び込まれますが、毎年、日本容器包装リサイクル協会が品質基準検査をしております(ここで汚れや異物の混入が多かった自治体については、改善への取り組みが求められ、改善が見られない場合には、協会から引取りが拒否されることもあります。)。
この検査において、ペットボトルは「異物」と判断されるため、容器包装プラスチックに混入しておりますと、品質基準を下げる原因となります。
市では、収集した容器包装プラスチックについて、手選別で異物等のチェックを行っておりますが、ごみの1つ1つを細かくチェックすることは難しく、品質基準を維持していくためには、市民の皆さん一人ひとりの分別へのご協力が大切になると考えております。
家庭ごみの処理につきまして、以前にお住まいの自治体とルールが異なり、ご不便に感じる点もあろうかとは思いますが、引き続き分別の徹底にご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

環境部 生活環境課 環境衛生係

お問い合わせ

企画部 広報情報課
電話:0267-62-3075
ファクス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら