このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

6.安全な校庭の整備について

更新日:2016年4月19日

質問者:望月小学校:岡田 和茂(おかだ いずみ)くん

 僕が通う学校では、児童みんながとても元気で、休み時間になると、大勢が校庭でサッカーなどのボール遊びを楽しんでいます。
 そんな校庭が大好きな僕たちにとって、困ったことがあります。雪が溶けた後や、参観日や行事で校庭を駐車場として利用した後に、校庭にでこぼこが多くなり、運動中に転んでしまったり、ボールがまっすぐに転がらなかったりすることです。このような悩みを抱えている学校がほかにもあるでしょうか。僕たちの学校や、他にもあるとすればそれらの学校が、校庭を安全に使えるように、学校と共に考えてほしいと思います。

答弁者:教育長

 望月小学校 岡田和茂君からの「安全な校庭の整備について」の質問にお答えいたします。
 校庭がデコボコだと、足を引っ掛けて転倒する可能性もあり、楽しい、安全な遊びではなくなってしまう恐れがあります。
 現在、佐久市内のほとんどの学校の校庭は、「クレイ舗装」と呼ばれる土を用いた舗装が施されており、皆さんが運動するのに適した硬さで、かつ水はけがよくなるように整備されています。そのため、本来車の重さには適さないので、条件が悪い時に車が走行するとタイヤの跡が残ってしまいます。
 逆に、車が走れるように整備した場合は、校庭が硬くなりすぎてしまい、運動の際にけがをしやすくなってしまいます。
 また、校庭は、水はけがよくなるように整備されていますが、長く雨が続いたり、土の中の水が凍ってしまうような寒い日が続いたりすると、土の中の水分がなかなか排水されず、校庭がぬかってしまいます。
 しかしながら、車社会である現代は、参観日などの行事の日は、車を入れざるを得ない場合もあるでしょう。
 教育委員会としましては、岡田君からの貴重な意見は、今後の課題として受け止めたいと思いますが、皆さんの学校でも、車が入った後は、できる限りトンボやローラーなどで均したりして、皆さんが安全に使えるよう自校でできる整備については、ご協力をお願いします。

お問い合わせ

企画部 広報情報課
電話:0267-62-3075
ファクス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設案内

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら