このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

4.野生動物の食害

更新日:2015年2月2日

野生動物の食害

 (1)狩猟をする人の育成、補助金
 (2)柵などを設置する場合の補助金
 (3)捕獲した鹿、猪等ジビエの有効利用
 すでに制度化されているものも多いと思いますが、利用できるよう告知や相談窓口など力を入れて欲しいと思います。

検討結果

 (1)について、平成22年度より年に1回、市が主催の「有害鳥獣駆除講習会」を開催し、ワナや檻による捕獲駆除講習を実施しております。補助金についてですが、平成22年度に「新規狩猟免許取得者等補助金」を創設し、狩猟免許手数料、猟銃及び空気銃の取り扱いに関する講習手数料、銃砲刀剣類等所持許可手数料等の費用を、新規狩猟免許取得者について補助を行っております。講習会の開催及び補助については、広報等により市民の皆様に周知を行っています。 (耕地林務課)

 (2)について、有害鳥獣による農作物等への被害を防止し、農業生産の向上を図るため、農業者等が設置する防護柵の資材等購入経費に対し、平成22年度より市単補助を行っております。要件としましては、農地等を所有、又は農地等を借り受け、農業を営む個人、農業法人、及び営農集団等で防護柵等の延長が100m以上のものであり、補助率等につきましては、10分の3以内で10万円を限度とします。
 また、鳥獣被害防止総合対策事業としまして、国の補助事業を用いて、侵入防止柵等の被害防止施設の活用を図っております。 (農政課)

 (3)について、近年多くの捕獲駆除をお願いするにあたって、捕獲駆除者の負担も増加しており、捕獲駆除を委託している佐久市猟友会の皆様からも処理施設や、有効活用を図る食肉処理施設に対する要望もあります。また、捕獲された鳥獣をジビエとして商品化(有効活用)するためには、解体・加工の施設が必要となってまいります。今後、費用対効果等を検討する中で、捕獲獣・駆除獣の有効活用を図る食肉処理施設等について調査・研究をして参ります。周知・告知については、今後さらに強化を考えて参ります。野生動物の食害相談については、農作物被害及び防護柵は農政課、それ以外の鳥獣に関することは耕地林務課、また各支所経済建設課が窓口で随時行っています。 (耕地林務課)

お問い合わせ

企画部 広報情報課
電話:0267-62-3075
ファクス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら