このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

8.原発の廃止

更新日:2015年2月2日

原発の廃止

 すぐに止めるには問題がありそう。5年先など期限を決めて廃止すべきでは?水力、風力、太陽光、天然ガス等ですべて電力をまかなえるよう国をあげて取り組めば原発は廃止できるのではないでしょうか?
 期限もなく、大飯原発が可動したことは、脅威です。
 佐久市としても県を通じ原発の廃止を提案してはいかがでしょうか?

検討結果

 原子力発電につきましては、エネルギーの供給が、市民生活や経済活動に不可欠であり、安全で安定的な供給が必須であることから、これに相当する電気量を賄う代替エネルギーの確保ができない状況下では、原子力発電の安全、国民の理解、信頼の確保を前提に、稼動もやむを得ないと考えます。
 しかし、将来的には代替エネルギー、再生可能エネルギーの普及により原子力発電の全廃を目指すべきだと考えます。
 現在、原子力発電のあり方や、再生可能エネルギーの普及促進等については、国において「エネルギー基本計画」の全面的な見直しが、国民的議論の場を設け広く意見を求めながら進められています。
 佐久市としても、日本有数の日照時間の長さや冷涼な気候から、太陽光発電に適した土地であるという地域特性を生かし、助成事業による住宅や企業の太陽光発電設備設置の普及や公共施設への導入推進を図るとともに、小水力発電等他の再生可能エネルギーの導入の可能性についても研究を進め、市内の再生可能エネルギー由来の電力自給率の向上に取り組んでいきたいと考えています。 (生活環境課)

お問い合わせ

企画部 広報情報課
電話:0267-62-3075
ファクス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら