このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

9.水源を守る

更新日:2015年2月2日

水源を守る

検討結果

 佐久市では、地下水が市民生活にとって欠くことのできない地域共有の貴重な財産であることに鑑み、地下水を様々な脅威から守り、育み、未来へ確実に継承していくため「地下水は地域共有の財産である“公水”」という認識に立ち、地下水の恵みを将来にわたり市民の皆様が享受できるよう地下水の保全について、去る6月29日に佐久市地下水保全条例を制定いたしました。
 市では、市民の皆様に条例の内容や手続き方法などについて知っていただくため、広報活動の実施や、地下水のかん養のための森林の保全、地下水賦存量の調査を実施し、地下水の有効利用を図ります。
 また、設置井戸の水位を調査し、地下水の量を把握して地下水が減少している場合には、関係採取者と地下水採取量の減少について協議を行い、地下水の保全をしていきます。
 なお、県では平成20年に森林づくり県民税を導入し、森林の持つ大切な役割であるかん養を維持するための森林整備を行ったり、水源地周辺の土地取引に事前届け出を義務付ける制度の創設に向けた検討を行っており、水資源保全に取り組んでいます。また、佐久地域の11市町村と東御市において、共同声明に基づき、それぞれ条例制定又は改正に向け取り組んでおります。
 市は、長野県、及び周辺地域の市町村と連携し、森林買収及び水源地の所有に係る情報その他地下水の保全のために必要と認められる情報を共有し、水資源の保全に取り組んでまいります。 (公園緑地課)

お問い合わせ

企画部 広報情報課
電話:0267-62-3075
ファクス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら