このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

7.危険動物の飼育について

更新日:2015年2月2日

危険動物の飼育について

 最近、山や畑で、ミツバチの養殖を行っている様子を目にします。これも佐久地域ならではの、自然と共存する素晴らしい部分であります。しかしながら、蜂など毒性の有る動物を自宅で養殖されている方もいます。刺されなければ良いという考え方の元、住宅密集地でも行われています。ミツバチやジバチといった動物も毒性を持っており、小さな子供やお年寄り又は持病を抱えている人にとってはショック死も考えられる、恐ろしい物です。この様な毒性や人的害を及ぼす動物や生き物の飼育や保管に対しての不可の条例や定めを作って頂ければと思います。

検討結果

 蜜蜂の飼育をする場合は、県、市でも飼育を規制する条例等はありませんが、飼育にあたっては、飼育者の責任として適正な飼育管理を行い、周辺環境等に配慮した飼育をしていただく必要があります。
 そのため、巣箱は、住宅や学校、公園等の常時人が出入りするような場所から一定の距離を取り設置するとともに、巣箱の設置場所付近の見やすい場所には、標識を掲示するような措置も必要と考えられます。
 近隣に蜂を飼って危険と感じる場合には、県や市へご相談をいただければ、周辺住民に配慮した適正な飼育管理を行うよう、指導を行ってまいりたいと考えます (農政課)

 哺乳類や爬虫類、鳥類の中で、人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれがある動物は、「動物の愛護及び管理に関する法律」により、「特定動物」に分類されており、飼養や保管にあたり、都道府県知事等の許可を受けなければなりません。また、「一定の基準を満たした「おり型施設」などで飼養保管する」、「第三者の接触を防止する措置をとる」、「施設外飼養の禁止」など、守るべき様々な基準があります。
 このようなことから、「特定動物」の飼養や保管につきましては、法律により対応してまいりたいと考えております。 (環境政策課)

お問い合わせ

企画部 広報情報課
電話:0267-62-3075
ファクス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら