このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

9.「信州ワインバレー構想」について

更新日:2015年2月2日

「信州ワインバレー構想」について

 最近新聞やテレビのニュースで「信州ワインバレー構想」についてみました。それは長野県産ワインのブランド力を国内トップレベルに引き上げることを目指す構想です。
 その構想の中に、県を四つのバレーに分けてその一つが千曲川ワインバレーです。千曲川ワインバレーでは現在小諸市、東御市、長野市、須坂市、中野市、青木村、小布施町、飯綱町、上田市、坂城町、高山村などの市町村が計画を進めているようです。
 佐久市も日照時間が長く水はけのよい土壌で自然に恵まれているためワイナリーを開業しようとする新規参入希望者がいれば、検討してみるのはいかがでしょうか。
 この産業を導入することで農地の利用促進、醸造施設には蔵や古民家などをリフォームして再利用できれば日本建築の保存にもつながり、日本ならではの個性豊かな生産法とワインショップを作り上げるのも一つのアイディアです。
 ワインは多くのミネラル、ビタミン、ポリフェノールが含まれており体内の抗酸化作用、血圧降下、抗菌作用、抗がん作用等多くの効果が期待されています。情報誌などメディアで広く発信することで、ワインの消費拡大、経済活性化が期待できるのではないかと思います。

検討結果

 佐久市は、夏場でも気温が低く、冬場では強く凍み上がるため、ブドウの色付きが悪く、また病気にも合いやすい気候条件であり、ブドウの栽培が振興されて来なかった経過がありました。
 佐久市内で、ブドウ栽培の可能性が示唆されてきたのは、近年、温暖化などの気象現象を受けてのことであり、市内でのブドウ栽培の知見はあまり得られていない状況でございます。
 これからは、酒造施設・業者、また農家の動向を注視し、栽培性・普及性等について情報収集に努めたいと思います。 (農政課)

お問い合わせ

企画部 広報情報課
電話:0267-62-3075
ファクス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら