このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

13.個室トイレの椅子の設置について

更新日:2015年2月2日

個室トイレの椅子の設置について

 公共の施設(病院・公園・図書館等)の個室トイレにもっと重量に耐えられる椅子を設置してほしい。2歳くらいまでの子供が座れる椅子はたまに見かけますが、障害児の場合、体が大きくなっても指示が入らず、床に座り込んでそこらじゅうべたべた触ったり、うろうろすることがよくあります。

検討結果

 浅間総合病院の外来では、便座、手洗、汚物流し、ベビーベットなどを装備した、一般病院多目的トイレを設置し、車椅子、歩行器、点滴台などを使用している患者さんにご利用をいただいております。ご提言をいただきましたトイレ内への椅子の設置は、これまで行なっておりません。スペースの問題等もあることから、常時設置しておくことが可能なのか、また、使用の際、持ち込むことで良いのかなど、検討してまいります。 (浅間総合病院総務課)

 母子でトイレに入られるとのことですので、文化振興課で所管する施設の中で、多目的トイレのある施設(生涯学習センター、コスモホール、交流文化館浅科、川村吾蔵記念館、うすだスタードーム、五郎兵衛記念館、望月歴史民俗資料館)について、椅子の設置を検討しました。
 ご要望の椅子につきましては、折りたたみ椅子であれば、必要な時に広げて使用していただくことは、スペース的に可能ではあります。しかし、車イスの方が入られた時に、イスが片づけられていない場合、邪魔になることもあると利用者の方からお聞きしておりますので、トイレ内にイスを常備するのではなく、職員に声をかけていただければ、対応できるように準備をしておきたいと考えております。お気軽にお申し付けください。 (文化振興課)

 体育課が所管している体育施設の多目的トイレへ椅子を設置する場合、スペース上の課題があります。また、施設によっては職員が常駐していない施設もあります。
 職員が常駐していない施設については、今後検討してまいりたいと考えておりますが、常駐している施設(佐久市総合体育館、佐久総合運動公園マレットゴルフ場・陸上競技場、臼田体育センター、臼田総合運動公園宿泊棟、浅科多目的屋内運動場、望月総合体育館)については、受付へお声をおかけていただければ、対応できるよう準備しておきたいと考えております。お気軽にお申し付けください。 (体育課)

 椅子を常設するのは、スペース的にも、構造的にも厳しい現状です。そのため、可動式の椅子等で対応をしたいと、考えています。いずれにしても、職員が対応しますので、お気軽にお声かけいただきたいと思います。 (中央図書館)

 個室トイレ内に新たに椅子を設けるには、スペース的にもまた構造的にも課題があります。職員に声をかけていただければ、椅子のご用意、また必要なお手伝いをいたしますので、お気軽にお申し付けください。 (近代美術館)

 市役所庁舎につきましては、折り畳みイスを設置してありますのでご利用ください。 また、不便に感じたり、お困りの際は、職員にお声掛けいただきたいと思います。 (管財課)

 子ども未来館では、小さなお子さん連れのご家族や高齢者の方、また障害をお持ちの方にも安心してご利用いただけるよう、ベビーシートやベビーチェア、車椅子でも対応できる多目的トイレを配置しております。 
ご要望の椅子の設置につきましては、多目的トイレは様々な方が利用されることや、車イスの旋回の支障になることも考えられますことから、未来館受付に、イスをご用意しておきますので、トイレをご利用の際に、職員にお声掛けを頂きたいと考えております。 (子育て支援課)

 トイレ内にイスを設置することは、スペースの確保ができないため、難しいものと考えます。多目的トイレを設置している公園がありますので、車いすなどでトイレにそのまま入っていただき、ご利用いただくようにお願いします。
 車いす以外の方に対しましては、折りたたみ式の椅子が設置可能な多目的トイレについて、設置してまいります。 (公園緑地課)

お問い合わせ

企画部 広報情報課
電話:0267-62-3075
ファクス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら