このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

五郎兵衛記念館トピックス(平成24年度)

更新日:2015年2月2日

五郎兵衛記念館企画展を開催します(3月5日~)

企画展「江戸時代の五郎兵衛新田と周辺村々のようす」

日時

3月5日(火曜)~3月24日(日曜)午前9時~午後5時
(3月11日・18日・21日は休館)

会場

五郎兵衛記念館

展示説明会

日時

3月17日(日曜)午前10時~11時30分

今回の企画展では、江戸時代の「村明細帳」という古文書から五郎兵衛新田の人口の変遷や、どのような品種の稲を栽培していたか、どのような肥料を使っていたか、などをテーマに展示をします。あわせて周辺村々に関する史料も展示します。また、17日(日曜)には記念館職員が展示の説明を行います。当時の農村の生活を知る貴重な機会ですので、ふるってご参加ください。

古文書調査報告会が開催されました(9月8日)

今回は「五郎兵衛・権右衛門による御牧原開発計画」を演題に、五郎兵衛記念館収蔵の古文書から判明したことを報告しました。
市川五郎兵衛は五郎兵衛新田を開発した後、御牧原でも新田開発の計画をしますが、御牧原を田地にすると草や薪を取る場所が無くなる等の理由で周辺の村々から反対されます。また、同時期に森山村の松沢権右衛門も御牧原開発の計画を立てますが、同じ理由で反対されています。
五郎兵衛と権右衛門は交互に開発を計画しており、協力関係にあった可能性があります。五郎兵衛は92歳の年に大阪に行きますが、その理由も御牧原の開発を実現するためだったと考えられます。しかし、実現には至らないまま亡くなりました。その後約300年を経て、御牧原の開発は実現されました。
権右衛門がどのような人物であったかは、残念ながら分かっていません。ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ五郎兵衛記念館まで情報をお寄せください。

五郎兵衛記念館古文書調査報告会を開催します

五郎兵衛記念館では古文書から明らかになったことを市民の皆さんにわかりやすくお知らせするために、調査報告会を開催します。今回の演題は、「五郎兵衛・権右衛門による御牧原開発計画」です。五郎兵衛新田の開発の後、御牧原にも新田の開発計画があったことが明らかになってきました。この計画について紹介します。ふるってご参加ください。

日時

9月8日(土曜)午前10時~正午

会場

佐久市五郎兵衛記念館

演題

五郎兵衛・権右衛門による御牧原開発計画

報告者

五郎兵衛記念館学芸員齋藤洋一

参加費

無料

第20回五郎兵衛用水を歩く会が開催されました(8月4日)

この会は、昔の五郎兵衛用水をたどり、先人の努力や苦難の歴史を知っていただこうと毎年開催しているイベントです。記念すべき第20回となった今回は、35名の方にご参加いただきました。
参加したみなさんは、かつての用水跡と現在の用水路を歩き、用水の工夫や維持管理の努力についての説明を感心しながら聞いていました。午後には用水の源水までたどり、水源林の涼しさと流れる水の冷たさを体験しました。毎年開催していますので、興味を持たれた方は次回ご参加ください。
また、五郎兵衛記念館に付近の散策マップを用意してありますので、こちらを利用してご自身で散策してみてはいかがでしょうか。

第20回五郎兵衛用水を歩く会を開催します

江戸時代初期に開発された五郎兵衛新田の基になった五郎兵衛用水路跡(県指定史跡)を実際に歩いて見学します。
毎年開催しており、今年は記念すべき20回目を迎えます。五郎兵衛用水の流れをたどり、完成までの努力や維持管理の苦労を学んでみませんか。

日時

8月4日(土曜)午前7時50分までに浅科小学校校庭へ集合、午後4時終了予定(雨天決行)

定員

45人(定員になり次第締め切り)

参加費

大人・小中学生…300円(資料代・保険料等)

受付

7月20日(金曜)まで

その他

  • 昼食は各自持参(水筒があると、用水の源水を汲むこともできます)
  • 移動は徒歩とマイクロバスです(徒歩区間は合計3キロメートルぐらい)
  • あぜ道・山道を歩きますので、それに適した服装、靴で参加してください(半ズボンは不適当)
  • 駐車場は浅科小学校をご利用ください
  • 申込・問合せ 住所・氏名・電話番号を明記して、ハガキまたはFAXで五郎兵衛記念館まで

関所破りの桜写真展を開催しています

五郎兵衛記念館の敷地には「関所破りの桜」と呼ばれるみごとなシダレザクラがあります。例年は4月中旬頃満開になりますが、それに合わせ、浅科写真クラブのみなさんのご協力で写真展を開催しています。
満開の関所破りの桜を収めた鮮やかな作品の数々です。庭の本物の桜と合わせ、ぜひご覧ください。入場は無料です。

期間:4月10日(火曜)~5月6日(日曜)(16、23日は休館)
会場:五郎兵衛記念館2階会議室

お問い合わせ

社会教育部 文化振興課
電話:0267-62-5535(文化振興・文化施設係)、0267-63-5321(文化財保護・文化財調査係)
ファクス:0267-64-6132(文化振興・文化施設係)、0267-63-5322(文化財保護・文化財調査係)

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら