このページの先頭です
このページの本文へ移動

天来記念館「臨書にチャレンジ」コーナーの開設について

更新日:2022年6月1日

多くの皆さんに臨書に親しんでもらうために、漢字の成り立ちから、時代による様々な書きぶり、表現方法があることを体験していただくコーナーを設けます。
どなたでも体験できますので、気軽にご参加ください。

詳細

開設日時

令和4年6月25日(土曜)・26日(日曜)、7月30日(土曜)・31日(日曜)
令和5年2月25日(土曜)・26日(日曜)、3月25日(土曜)・26日(日曜)
いずれも午前9時から午後3時まで

会場

天来記念館 1階映像室

内容

天来先生の推奨した古典(中国は唐以前の法帖、日本は平安古筆)を学びます。

  • 漢字の成り立ちを知る。
  • 時代によってさまざまな書きぶり、表現方法があることを知る。
  • 書いてみたい古典を選び、「臨書」を体験する。

講師

天来記念館館長

参加者

どなたでも
注記:5名以上の場合は事前にご連絡ください。

参加費

無料(2階常設展の観覧は有料です)

持ち物

特にありません。

申込方法

天来記念館窓口へお越しいただくか、電話でお申し込み下さい。

問い合わせ・申し込み

天来記念館
電話 0267-53-4158

お問い合わせ

社会教育部 文化振興課
電話:文化振興・文化施設係:0267-62-5535  文化財保護・文化財調査係:0267-63-5321
ファックス:文化振興・文化施設係:0267-64-6132  文化財保護・文化財調査係:0267-63-5322

お問い合わせはこちらから

本文ここまで

ページの先頭へ