このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • ホーム
  • 利用案内
  • 図書館案内
  • 移動図書館「草笛号」
  • よくある質問
サイトメニューここまで

本文ここから

新着情報(録音図書・DAISY資料の貸出と蔵書資料のお知らせ)

更新日:2018年1月7日

中央図書館では、録音図書(DAISY資料)の貸出を行っています。ボランティアグループ「音の会」の皆さんが作成したものです。平成29年11月現在85冊です。詳しくは図書館HPの「お知らせ」の欄をご覧いただくか、または中央図書館まで直接お問い合わせください。
また、中央図書館所蔵のDAISY資料をこれから順次、お知らせしていきます。参考にしてください。皆さんのご利用をお待ちしています。

所蔵リスト(その1)
 1 「片目を失って見えてきたもの」ピーコ(文藝春秋)
 2 「ふるさと佐久の民話」大日方寛(欅)
 3 「明日の記憶」荻原浩(光文社)
 4 「がばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい!」島田洋七(徳間書店)
 5 「栗良平作品集2」栗良平(日本ビジネスネット)
 6 「夢をかなえるゾウ」水野敬也(飛鳥新社)
 7 「蛍川」宮本輝(角川書店)
 8 「車のいろは空のいろ 白いぼうし」あまんきみこ(ポプラ社)
 9 「わたしはあなたをあいしています」宮西達也(ポプラ社)
10 「ゲゲゲの女房」武良布枝(実業之日本社)
11 「思い出ランドセル」加瀬清志(アリス館)
12 「新・美しき人に 禅に生きる尼僧の言葉」青山俊菫(ぱんたか)

所蔵リスト(その2)
13 「くじけないで」柴田トヨ(飛鳥新社)
14 「一度きりの人生だから もう一人の私への旅」青山俊菫(海竜社)
15 「言えなかったありがとう」村上信夫(幻冬舎)
16 「老いの才覚」曽野綾子(KKベストセラーズ)
17 「雪とパイナップル」鎌田實(集英社)
18 「かんかん橋を渡ったら 第1部」あさのあつこ(信濃毎日新聞社)
19 「囚人道路」安部譲二(講談社)
20 「ちいさいおうち」B・L・バートン 石井桃子訳(岩波書店)
21 「哄う合戦屋」北沢秋(双葉社)
22 「かんかん橋を渡ったら 第2部」あさのあつこ(信濃毎日新聞社)
23 「かんかん橋を渡ったら 第3部」あさのあつこ(信濃毎日新聞社)
24 「人は生きるために生まれてきたのだから」大石邦子(講談社)
25 「小説 星守る犬」原田マハ(双葉社)

所蔵リスト(その3)
26 「神様のカルテ」夏川草介(小学館)
27 「がんのひみつ がんも、そんなに、わるくない」中川恵一(朝日出版)
28 「百歳」柴田トヨ(飛鳥新社)
29 「沈まぬ夕陽 満蒙開拓の今を生きる 中島多鶴」中繁彦(信濃毎日新聞社)
30 「親鸞 激動篇 上」五木寛之(講談社)
31 「シャーロック・ホームズの冒険」コナン・ドイル 延原謙訳(新潮社)
32 「親鸞 激動篇 下」五木寛之(講談社)
33 「斎藤孝の親子で読む 百人一首」斎藤孝(ポプラ社)
34 「いのちの理由」さだまさし(ダイヤモンド社)
35 「神様のカルテ 2」夏川草介(小学館)
36 「ディア・グロリア 戦争で投函されなかった250通の手紙」木村太郎(新潮社)
37 「拉致と決断」蓮池薫(新潮社)

蔵書リスト(その4)
38 「月の輪草子」瀬戸内寂聴(講談社)
39 「語るためのグリム童話3 白雪姫」小澤俊夫(小峰書店)
40 「ベニシアの京都里山暮らし」ベニシア・スタンリー・スミス(世界文化社)
41 「いのちのメッセージ」日野原重明(三笠書房)
42 「神様のカルテ3」夏川草介(小学館)
43 「はなちゃんのみそ汁」安武信吾・千恵・はな(文芸春秋)
44 「元カレの呪縛」ゴマブッコ(大和出版)
45 「脳はバカ、腸はかしこい」藤田紘一郎(三五館)
46 「文明の子」太田光(ダイヤモンド)
47 「人間にとって成熟とは何か」曽野綾子(幻冬舎)
48 「奔る合戦屋」北沢秋(双葉社)
49 「夢をかなえるゾウ2」水野敬也(飛鳥新社)

蔵書リスト(その5)
50 「悩むこと生きること」姜尚中(信濃毎日新聞社)
51 「翔る合戦屋」北沢秋(双葉社)
52 「やまない雨はない」倉嶋厚(文藝春秋)
53 「はだしのゲン わたしの遺書」中沢啓治(朝日学生新聞社)
54 「舟を編む」三浦しおん(光文社)
55 「まほろば夢譚」鶴岡一生(コスモの本)
56 「置かれた場所で咲きなさい」渡辺和子(幻冬舎)
57 「十二番目の天使」オグ・マンディーノ(求龍堂)
58 「詩の礫」和合亮一(徳間書店)

蔵書リスト(その6)
59 「わが盲想」モハメド・オマル・アブディン(ポプラ社)
60 「十分で読めるどうぶつ物語」横山洋子(学研教育出版)
61 「くちづけ」宅間孝行(幻冬舎)
62 「紙の月」角田光代(角川春樹事務所)
63 「村岡花子童話集 たんぽぽの目」村岡花子(河出書房新社)
64 「ランドセル俳人の五・七・五」小林凜(ブックマン社)
65 「あなたならやれる 禅のまなざし」青山春菫(海竜社)
66 「「あぶさん」になった男 酒豪の強打者・永渕洋三伝」澤宮優(角川書店)
67 「蜩の記」葉室麟(祥伝社)
68 「葉煙草の罠」山村美佐(徳間書店)
69 「この国が好き」鎌田實(マガジンハウス)
70 「神様のカルテ4」夏川草介(小学館)

蔵書リスト(その7)
71 「「自分」の壁」養老孟司(新潮社)
72 「10分で読める家族のお話」岡信子(学研教育出版)
73 「しずかな日々」椰月美智子(講談社)
74 「日本国憲法」写楽編集部(小学館)
75 「潮鳴り」葉室麟(祥伝社)
76 「君へ。つたえたい気持ち三十七話」ダ・ウィンチ編集部(メディアファクトリー)
77 「おかげさまで生きる」矢作直樹(幻冬舎)
78 「黄色いマンション 黒い猫」小泉今日子(スイッチ・パブリッシング)
79 「四十九日のレシピ」伊吹有喜(ポプラ社)

蔵書リスト(その8)
80 「だれにもはなさなかった祖父のこと」マイケル・モーパーゴ(あすなろ書房)
81 「博士の愛した数式」小川洋子(新潮社)
82 「夢を売る男」百田尚樹(太田出版)
83 「ヴェトナムの砦」栗林今朝男(「ヴェトナムの砦」刊行委員会)
84 「ハッピーバースディ」青木和雄・吉富多美(金の星社)
85 「熟年時代を行く」佐々木治夫(小諸新聞社)
86 「人生、山あり 時々谷あり」田部井淳子(潮出版)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

図書館の窓から(コラム)

以下フッターです。

各図書館のご案内

  • 中央図書館
  • 臼田図書館
  • 浅科図書館
  • 望月図書館
  • サングリモ中込図書館

各図書館の開館時間

開館日カレンダー

中央図書館

火曜から金曜
午前9時30分から午後6時30分
土日・祝祭日
午前9時30分から午後6時

臼田・浅科・望月図書館

火曜から日曜
午前9時30分から午後6時

サングリモ中込図書館

火曜から日曜
午前10時から午後6時

休館日は毎週月曜日、毎月最終火曜日、年末年始、特別整理期間などです。

佐久市立図書館 Copyright © SAKU City All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る